スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風ヤミの国

気がつけば、7月から書いていないこのブログ。
いや、本当この3ヶ月。いえ、もう5ヶ月が怒濤でしたね。

この怒濤の中で書き上げた「風ヤミの国〜偽志倭人伝〜」
ご来場いただきましてありがとうございました。


さて、この「風ヤミの国」
9年前に書いた「しぐれ-shigure-」の続編にあたります。
勝手に続編に書き換え、
登場人物の名前を変更し、
登場人物を増やし、
好き勝手にバックボーンを変更し、
もともとなかったエピソードをバンバン追加した。
…のにも関わらず、
許してくださった、上島さんと本若陣営に感謝をば。



この脚本を書き換えるにあたり、
ちょっと意識したことがあります。
それは、昔の自分の作品のテイストに寄せること。
基本、過去(2010年くらいまで)の
ZTON作品って鬱エンドなんですよね。
まぁ僕が鬱鬱としてたからかもなんですが。



今回は意図的に鬱エンドにもっていくように作りました。
当時は「死」ってものに憧れていたんですね。
あ、マイナスじゃないです。ブッダ的な意味です。
あと、脚本の役割が終わったらキャラは殺すという鬼の鉄則。
役割のない奴を無駄に生き残らせたりしない。
そんなことを考えて台本を書いていた時期もありました(遠い目)



あとは2劇団でやっているので、
見ている途中で主人公が交代するように作ろうというコンセプトはありました。
「覇道泰平」もそういうコンセプトですけど、
あれは演出のシステムでバシッと変化するのに対し、
「風ヤミの国」は物語の中で自然に移行させようとしとりました。
皆様の目にはどう映りましたでしょうか。



さぁ、1月「覇道泰平」に向けて頑張りまーす!!
スポンサーサイト

「ティル・ナ・ノーグ〜太陽の系譜〜」こぼれ話

劇団ZTON vol.12「ティル・ナ・ノーグ〜太陽の系譜〜」
ご来場いただきましたお客様、ありがとうございました。

さて、こぼれ脚本のこぼれ話でも…。と思うんですが、
今回、売ったんですよね脚本。
ありがたいことに完売しまして。
次回からは経費で出せるんで、もしよければまた新作もぜひ。
(今、実施中のクラウドファンディングの結果にもよりますが。
 クラウドファンディングご投資いただいた方々ありがとうございます!!)


で、今回はアイルランド神話だったので
名前のモチーフでもと思いまして。
私、名前をつけるセンスが壊滅的に崩壊しておりますので
役名には必ずモチーフとなるもの、実在の人物の名前があります。

かの昔、ES001「幕末紅蜀葵」の際、
シャルル、シャルルって脚本に書いていたのに、
実際の人物を調べ直したら、シャヌルで。うぇっと思って、
自分のメモを見直したら、シャヌルが字が汚過ぎてシャ「ル」ルって呼んでた。
公演終了後の回想。
カタカナコワイ。


ググれば、全部出て来るだろうと思ったけど、出てこなかった。
どこで調べたんだろう。私。
では、時系列順にいきまーす。


①フィンタン【シーザー族】
アイルランドに辿り着いたシーザー族の生き残りです。
設定でもシーザー族にしようか悩んだのですが、ややこしくなるのでやめました。
フィンタンはアイルランド上陸から何かしらに姿を変えてずっと生きているそうです。

②トゥアン【バルホルン族】
フォモール族によって滅ぼされたバルホルン族の生き残り
トゥワンは鮭になったり、鳥になったり、様々なものに姿を変えて生き続けた
という伝承があるとか、ないとか。

③キッホル【フォモール族】
バルホルン族を滅ぼしたフォモール族の王。
脚なしキッホルと呼ばれ、脚がないのにべらぼうに強かったとか。
キッホルのト書きで、「腕がなくなろうが、脚がなくなろうが…」ってのは、
脚なしキッホルがモチーフだからです。

④ネヴェズ【ネヴェズ族】
こいつらは史実ではギリシャ人だと言われています。
例のごとくフォモール族に奴隷化されて、ほとんど殺されます。
特に言うことはないでしょう。ちなみに、ネヴェズ達には名前が振られていました。
僕の頭の中だけで。
オヴェズ=尾崎さん、アヴェズ=浅場ちゃん、
レヴェズ=大塚さん(あだ名がレバニラ)、クロヴェズ=クロベエさん
ほらね、僕のネーミングセンス終わってるでしょう。

⑤モルク【フォモール族】
奴隷化されたネヴェズは、フォモールに反旗を翻します。
その時のフォモールの王が、コナン王、そして、モルク王。
モルク王は、ネヴェズ族を30人だけ残して(船で逃げ出す)皆殺しにします。
まぁ、その30人の子孫が最終的にフォモールを滅ぼすわけですが….

⑥ヌアザ【トゥアハ・ダナーン族】
トゥアハ・ダナーン族であり、ネヴェズ一族が逃げた一族の末裔。
再びアイルランドに帰ってきます。霧と共に現れた魔法使いの一族と言われます。
まぁ実際は、上陸した時に乗ってきた船を焼いたそうな。祖先の仇をとるまで
アイルランドを脱出しないと誓ったとか誓わないとか。
ヌアザはフォモールの剣士スレンとの決闘に破れ左手を吹っ飛ばされる。
後に、自分の兄弟に銀の腕を作らせて復活してくるというなんとも中二的なキャラクター

⑦エオヒド【フォモール族(フィル・ボルグ族)】
プロットができた後に足したキャラクターなので良そうな名前を拾ってきた。
進撃してきたヌアザに殺されてしまうフィル・ボルグの王。

⑧ヨーヒー【フォモール族(フィル・ボルグ族)】
ヌアザとスレンの決闘の時のフォモールの王。
トゥアハ・ダナーン族は決闘のどさくさに紛れてヨーヒー王を毒殺。
フォモールもダナーンもどっちも卑怯なアイルランド神話。

⑨スレン【フォモール族(フィル・ボルグ族)】
フィル・ボルグの戦士スレン、ヌアザに勝つ人。
フィル・ボルグ族は、ネヴェズ一族の末裔の1つ。
彼らはアイルランドに残り、フォモールと混血したのです。
よってこの頃のフォモールは=フィル・ボルグでもあるという。
生き残るのにたけた一族。
ちなみに、ネヴェズの末裔は3種類あって、ダナーン・フィルボルグ・ブリトン。
イングランドの末裔になる一族。
僕は「アーサー王」(ウェールズ史)を調べていたら、
アイルランド神話に行き着きましたと。

⑩ブレス【フォモール族・ダナーン族混血】
スレンとヌアザの決闘の結果。
フォモール(スレン)が勝つもヨーヒー王死んでるし、
どないすんねってなって、フォモール族とダナーン族の混血のブレスが王になります。
(なんで、戦争してんのに混血がこんな早くにいるのか謎)
ブレスは混血ながらフォモールに有利な政策を打ち出します。
そして、キレるダナーン。
銀の腕を生やしたヌアザはブレスをしばくため再び挙兵します。

⑪バロル【フォモール族】
困ったブレスが頼ったのがバロル。一つ目の巨人。
バロルはダナーン族をしばくしばく。
そん中、占い大好きなバロル君、占いの洗礼を受けます。
占い師「あんた、孫に殺されるよ」
(もともと、作中のキッホル王はバロル王という名前でしたが、
 孫に殺されるってのがwikiに載りまくってのでやめました(笑)
 キッホルも孫に殺されてるでしょう?)

⑫エリウ【フォモール族】
バロルの娘。バロルには子どもがエリウしかいなかったのか?
とにかくバロルはこのエリウを塔に監禁します。
「男に会わせなければ、孫が生まれることもない」
バロル単純。

⑬キアン【トゥアハ・ダナーン族】
フォモール(バロル)に怨みを持つダナーンの騎士、キアンは
エリウが監禁されている塔に忍び込み、エリウを襲います。
なんて糞野郎。その結果、エリウのお腹には子どもが…!!
ちなみに伝承では、ヌアザの兄弟ケヒト(銀の腕作った人)の子ども。

⑭クー【トゥアハ・ダナーン族】
同じくケヒトの子ども。「クー・フーリン」のクーではないです。

⑮ルー【フォモール族・ダナーン族】
さぁ、身ごもるエリウ。怒り狂うバロル。
生まれたての子どもをバロルは船で流します。鬼畜。
占い師の言う通りルーは成長しバロルを殺します。

⑯マナナン【トゥアハ・ダナーン族】
そのルーの載せられた船を拾い、ルーを育てあげるマナナン・マクリル。
このあたりまで来ると僕はあんまりよくわかりません。
大変、古事記的な感じになってきて、血縁関係が意味不明になってきます。

⑰ファリニシュ
ルーに飼われていた"大変美しい"犬。

⑱ブリュナーク
ルーの槍、5本に刃先がわかれた槍。ヌアザによってルーにもたらされた。
作中ではヌアザが使っていた。

ふぅこれで全部かな。

ちなみにこの後、

ミレー族と呼ばれる一族が現れ、
ダナーン族が統一したアイルランドは占領されます。
そして、ダナーン族は再び霧の世界(常若の国)
"ティル・ナ・ノーグ"に旅立つのです。

西洋系のファンタジーでよくある霧の中船で出向するアレです。
日本で言うところの"根の国"ですからね。
西洋の方がセンスありますよね。

ちなみに、アイルランドには死生観がなく
肉体が死んだ後も生き続けるという価値観があったそうです。
だからこそ、文字というものは必要なかったのかもしれませんね。

twitterの続き

駄文をtwitterに書いていたら、

続きを書きたくなってしまって。

何度もtwitterに出るのうざいと思うので纏めちゃおうと
思った次第であーる。




僕は文学部地理学科出身で、
地理学の研究対象は「地球上に存在するすべての事象」なんだけど、
演劇は「この宇宙に存在するすべての事象」を研究し表現することができる。
…いつか無重力演劇をやりたいものだ。


何を隠そう、僕は地理学科の卒業論文を
「機動戦士ガンダムにおける各スペースコロニーの産業と背景」的なことをやろうとして失敗したのだ。
宇宙地理学など存在しないと…!
そして、大人しく歴史地理学を、平安京の立地とその都市計画のお勉強をした。

③NEW!!
歴史地理学は文献もさることながら、文献を書いた人物の生い立ち、官位、人間関係を
鑑みて検証する。大変面白かったがこれはもはや研究者の主観がおおいに関係する。
これはもう論文を書こうが、脚本を書こうが変わらない。
そう思って僕は大学を辞めた。

④NEW!!
…嘘だ。歴史地理学がつまらなかったわけではない。
地理学科の他の授業の単位が全くとれなかったのだ!
否!授業に出る気にならなかった!
製図実習や測量やバナナプランテーションのあれこれ。
一言で言うと興味がなかった。
地理学に興味がなかった。
全く興味がなかった。

⑤NEW!!
では、なぜ地理学を専攻したのか?
結論から言えば、高校に指定校推薦が来ていたからだ。
受験したくないない病にかかっていた僕は、
そこそこの学校で一番マイナーな学科を選択した。
そう、それが立命館大学文学部地理学科だった。

⑥NEW!!
もともとは歴史学科に行きたかった。
それも関東圏の。受験したくないない病が重症だったのだ。
京都で地理。東京で歴史。
ほんと、どこでこなってしまったのか。
東京で演劇をしていれば商業とかも転がっててるし、
もうちょっとチャンスも多かったのではないか。…とか考える。
しかし、後悔はしていない。ポジティブシンキング。
だって試されるのって、めんどくさいじゃん。


⑦NEW!!
そんなグータラな人間が人を試す側に回るとは因果なものである。
案外、グータラな人間こそ人の本質を見分ける目を磨くものではないだろうか?
自分が動かなくても済むように。
だんだん、文章を書くのが面倒になってきたので、
森見登美彦文体に変化してきた。

⑧NEW!!
新人公演参加組の顔ぶれがあまりにも若いので、
ちょっと昔のことを書きたくなってしまった。
高校生とはさすがに飲みにいけないでしょう!
そんな感じで新人公演04「王の血脈」もうすぐチケット売り切れます。
ありがとうーございます。



ほら、ブログにうつってよかった。
駄文、駄文。
何ヶ月かぶりの更新が駄文。

スターウォーズ

恥ずかしながら、この期に乗じて、

スターウォーズ全6部作を見た!

やぁ、思ったより大変じゃなかったな!

実はスターウォーズ、ちゃんと見た事がなくて…。




順番としては、公開の順で、

Ⅳ、Ⅴ、Ⅵ、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲと。

もともと全部見てから映画館にエピソードⅦを見に行こうと思っていたんですけど。

Ⅰから順番に見るのは、怠くて時間がなくて、

土肥くんがⅣから見たらいいと言うので、なら3作品だと

思って、Ⅳ〜Ⅵを一晩で見る。

でまぁ、旧3部作は、新3部作のⅠ〜Ⅲの話での話がガンガン秘密扱いされてるんだけど。

俺、知ってるわ。

Ⅴのネタバレ、Ⅵのネタバレ。

…今思えば、Ⅰ〜Ⅲまで見た事あったじゃん、俺。

ってことに見ながら気づく、愚かさ。

(地味に、クライマックスだけ金曜ロードショー的なものでみちゃっていたり)

そら、ルークが途中で怒ってたりするところで、

「こいつは、暗黒面に行ってないか?」って心配しちゃうよ。

…で、Ⅵまで見て…。




このまま劇場にいこうと思ったんだけど、

この技術革新の中、劇場に行くのは駄目だ。

技術革新を目の当りにしてショック死する。と思い、

Ⅰ、Ⅱ、Ⅲを総復習。

…うん、見たことある。

Ⅰに至っては映画館行ってる気がする。

もしかして、Ⅲは見た事ないかも…って思っていたんだが、

クライマックス近辺では、バッチリ記憶が蘇りました。





よく、新3部作は、蛇足だとかネットで言われてますが、

僕は旧3部作よりも、新3部作のが好きです。

圧倒的に好きですね。

アナキン・スカイウォーカーの人間らしさが。

ルークはどうにも、いいとこの坊ちゃん過ぎて…。





そして、エピソードⅦ。安定のレイトショー。

これも結構ネットで叩かれてる記事だけ読んだけど、

そんなにひどいかな…?

オマージュがひどいって書いてたけど、

僕は、あんまりオマージュ感感じなかったなぁ。

時々入るカットは過去作のに似たもの多くあったけど、

遊び的なもんだと思うんだけどなぁ。ジョージルーカスリスペクト。

むしろ、監督が変わったのにも関わらず、

前作のテイスト崩さずに、いい仕事してたと思うけど。






僕は、高度経済成長期〜バブル時代に売れたものはあんまり信じてないんだけど、

バブルに売れて、技術革新に取り組んで、生き残ってきたものなんだなぁ

スターウォーズはって思ったり。

今見ると、エピソードⅣの宇宙人はゆるキャラ(着ぐるみ感満載)だもんねぇ。

でも、今の宇宙人達はCGで本物に見えるよね。宇宙人の本物知らないけど。

それから、エピソードⅣのライトセイバー殺陣が、

ZTONの旗揚げ公演の殺陣クオリティだったり。

エピソードⅦの主人公の女の子は、ここから型とか教え込まれるんやろうか。

リアルに。

監督変わって一番大変なのはライトセイバーの殺陣チームがいないことなんじゃないかと、

勝手に邪推したり。

ハリソンフォードが走れなくなっていてちょっと悲しくなったり。

73歳ですって。むしろ、頑張ってるやろ…。

そんなことを感じながら、エピソードⅧをぼちぼち楽しみにしつつ。





次は…黒澤監督祭りをします。

黒澤監督はなぁ…面白いんだけど…長いだよなぁ…。

はふん。

三国志ガーデンで思ったこと。

覇道泰平について徒然語る。

ZTONブログでこういうこと書くとあれでしょ。

怒られるかもだから。適当なこと書くなって。

「嘘だよ、ばーか」が許されないのでこっちで。


■にわか三国志ファン。
今回、【真王孫権編】をやるにあたり、
官渡の戦いから赤壁の戦いまでの流れを勉強し直したんですが、
まぁ、そのまんまやると、劉備先生と呂布先生の自由放浪ぶりに
意味が分からんくなるなぁ…と思い、
だいぶ、思い切った歴史捏造をしました。
赤壁より先は、まだきちんと勉強してないんで…
それこそ、三○無双の知識オンリーなので浅い…浅いのです。
馬超の出身地、長安の横って知ってました!?涼州の奥地じゃないんどす。
となると…ど、土龍付けないじゃない……。


■でも、着目点は変ダヨ。
普通、三国志と言えば赤壁。赤壁と言えば船が燃えるあれ。
あれにロマンを感じる方も多いしょう。
しかし、僕がロマン惹かれるのは、華容道。
史実?演義?では、関羽・張飛・趙雲が逃げる曹操を追い詰めるとこです。
覇道では、劉備たちが待ち構えてるとこ、「ドン」の決め!
あそこmy三国志カタルシス。
船の燃えるとこじゃないのです。
【真王孫権編】のラストは華容道です。



■そして、やはりマイナー武将が好き。
まぁ、僕の知ってる武将は三国志ファン的にはメジャーなんですが、
一般の人からするとマイナーなので、マイナー扱いしときます。
出演を諦めた武将。
馬騰…馬超の父【真王孫権編】では馬騰の時代で一瞬共闘したので、
   馬騰にしたかったのですが、劇団員が知らないので却下。
   あとは、涼州の勇、韓遂出したかった!
程普…呉の古株。ていうか、【真王孫権編】では、
   黄蓋・程普・張昭を出そうとしていた。
   そしたら、図書菅に
   「蜀4人・魏4人・呉7人はあまりにも呉贔屓が過ぎやしませんか?」
   って言われて、泣く泣くカット。
孟獲…結構有名。南蛮の王。黄龍はこいつにつけようと思っていた。
   黄龍が祝融イメージ。でも、あの人火の神の末裔だ…。
文醜・顔良…袁紹配下。出そうとして、劇団員の頭に「?」が
      並んでいたので消しました。
      結果、袁紹は官渡の戦いでちょっと寂しい。



■五龍にもイメージがあります。
炎龍…盧植。劉備の兄貴分ですね。
   僕はあの一派ろくでなし集団だと思ってます。
水龍…真覇道は荀彧。ええまぁ、赤壁越えるまで曹操の横に居ますので。
   初演は郭嘉。赤壁前に死んじゃうんでね。初演は官渡で終わりなんで。
   覇道キャラクターは史実で参加した戦と、
   死んだ時期は極力なぞりたいと思って書いております。
   そういう意味での水龍チェンジでした。
土龍…李儒。董卓を手引きした政治家ですね。
   真王孫権編では、馬岱です。馬超のいとこ。ベタ。
黄龍…黄巾党で生き残ってれば誰でもいいやと思って、
   何儀とかにしてた気が…。
風龍…呉夫人。死期もぴったり。呉を支えた孫堅の奥方。
これは、僕の脚本時のイメージですんで。



■孫策ブリッツ作戦
真王孫権編で核となる孫策の死。
これ、ちょうど真裏で曹操は官渡か袁家を滅ぼす戦をしてるんですよね。
その時に、孫策が都を攻めて来るって話で都騒然。
…とぽっくり、孫策死亡。ブリッツ失敗。
ここに陰謀があったと考えるのが普通でしょう。
ここに周瑜。シャア・アズナブル説。(※ガンダムです)
ザビ家を滅ぼす。シャア。
私、"物語"のためなら自分の好きな人物の捏造も
辞さない男なんで、ご勘弁ください。



■好きな武将
蜀…好き・叙庶
魏…好き・郭嘉・曹否
呉…好き・周瑜・陸遜
軍師多い。どっちかって言えば文武両道系軍師が好き。
2代目として、曹否は優秀だと思うの。司馬懿にとられるけど。



■三国志ネタと詰め込めなかった三国志。
曹操を守る許褚vs馬超は潼関の戦いをオマージュ。
曹操の馬超と公孫瓚への問いかけは下邳後の呂布と張遼。
孫尚香が周瑜に連れられて逃亡は合肥の戦い。
飛んでないけど。周泰じゃないけど。
当時は続編をやる気がなく書いてますから。
詰め込めるもん全部詰め込もうと。

心残りはたくさんありますが、孫堅が玉璽を拾えなかったり。
隙あらば玉璽拾えないものか伺ってたんですけどね。
袁術いないから回収もできなしね。
無理でしたね。やぁ悔しい。
官渡周りがぐちゃぐちゃなのも悔しい。
公孫瓚は袁紹に殺って欲しかったり
袁術いないせいで、陳淋檄文が血判状になったり。
やだ、袁術めっちゃ好きな人みたいになってる…!
袁術系だと紀霊とかが好きですね。



■ブロマイドお買い上げありがとうございます。
そうそう、今回ZTON初のブロマイド。
お買い上げ頂いた方ありがとうございます。
思ったよりも売れまして、売り切れも出まして…
今回僕の自費でブロマイドを出したんですけど、
(売れ残った役者を馬鹿にするために)
綺麗に劇団の売り上げにされて、悔しい限りです。
本当にありがとうございます。



■覇道泰平続編について。
上映会の最後に『「覇道泰平3」を期待しています!』
とお声がけ頂いて、大変楽しい時間を過ごさせて頂きました。
え?続編…。
こないだ終わったとこですけど、
続編ですか…?

覇道ナクシテ、泰平ヲミル3(仮)
皆さんが望んでくださるなら…
お友達を連れて来てくださるなら…

私、やりますよ…!

皆さんが望んでくれるのであれば…!


まだZTONを見たことない、

お友達も連れて来てくださるなら!




いや、見に来て頂けるだけでありがたいのに、
こんな言い方ですみません。
興行ってね、お金かかるんすよ。
常に数百万の借金ができるかできないかの勝負なんですよ、毎回。
見に来て頂いておもしろいと思ってくださったお客様が、
次にもう1人連れて来て頂けるのあれば、
こんなに嬉しいことはございません…!



さて、覇道泰平。
なんたって、まだ"蜀"はできてないですからね。
でも、あの劉備だったら、入蜀は余裕でしょう。
そうなると、ドラマがありませんからね…。
今更、益州の劉璋なんて余裕でしょう。
覇道の劉備は悩むことなく瞬殺ですよ。
あと、【孫権編】構想時、炎龍が劉表とか劉璋に付くのはどうだろうって団員の反応。
「誰?」的なね。
ああ、そうですか。参考になります的なね。


そしたら、ふわっと…「五丈原ですよ。」
とおっしゃって頂いて…。
隕石落としちゃいますか。ブラックマテリアですか。
FF7のリメイク楽しみですね。
スターウォーズ祭りもしなきゃ!
(Ⅰ〜Ⅵまで一気に見て)レイトショーに走りたい。
ガンダムサンダーボルトは、DVDになるんでしょうか?
ORIGINも見なきゃ!
モンハンもしなきゃ。


しばらくは、惰眠を貪ることに忙しい…!
そんなこと言っても来年はZTON10周年。
そろそろ全国区になりとうございます。
よろしくお願いします。
公演情報
▼劇団ZTON
2015年
【脚本・演出】
劇団ZTON1967
『狂犬』
1月20日(火)
@インディペンデントシアター2nd

【脚本・演出】
劇団ZTON vol.11
『オルタソフィア
  -憂国の革命因子-
3月12日(木)〜14日(土)
@京都府立文化芸術会館

▼電子書籍
Amazon[kindle版]
「天狼ノ星」<天の章>¥472
「天狼ノ星」<地の章>¥472
「王の血脈」
¥472
twitter
プロフィール

河瀬仁誌

Author:河瀬仁誌
京都・大阪を中心に活動する劇団ZTONの代表。脚本家・演出家・俳優。

演劇講師や演劇を使ったコミュニケーションワークショップも展開中。

メディアミックスの舞台興行をやりたい。
アニメ・ゲームも作りたい。
神山健治監督が好き。

検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。