スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほほい。

やぁ

僕が東京に行くっつーことで。


劇団ZTONがどーなるこーなるって。



んなもん、継続じゃ!
ZTONは未来の演劇界の最前線を目指すのよ。



ラジオのフォローで書いたのに、
ラジオの方がまだあがってねーつぅ、全力空回り。



とゆうか東京で働くとこも演劇関係だし。
ZTONに必要なコネクションを作るんよ。まぁなんて打算的。





ただ、ZTON第1部編はRR第3弾『月黄泉ノ唄』で【完】の予定だけどね。


全力でディオは押し退けるのだ。波紋じゃ、オーバードライブ!



別のあれで言うなら
ファースト・ゼットン完結。
『月黄泉ノ唄』



マグネットコーティングごときじゃ、反応速度足りねぇんだよ!




というわけで。
ぜっとんは突き進むわけで。


リバイバルラッシュ第3弾
『月黄泉ノ唄』
このタイミングこの作品をやれるのって、出てくれる人、関わってくださる人、
大変鬱陶しい話だが、すべてがここに集約している気がするのです。

もちろん、見にきてくださる皆さんあっての話ですよ。



俄然、力の入ってるこの作品をよろしく。
スポンサーサイト

とゆうか


ラジオ最終回。


ふつうーに、RR終わったら東京行くって語ってるー。


仕事場じゃそんな感じだからなぁ~。


そーなんす、僕
RR終わったら
京都去るんす。


東京なるところで就職なんす。やることは演劇教育なんだけどね。


その前に、
『月黄泉ノ唄』


…。

地味に


ひまラジ~♪

河瀬登板、最終回が始まるよ

なきごと

最近、哲学をしていないのです。
哲学をする暇がないのです。


「演劇ってなんぞや」


ってテーマでの問答は、かれこれ1年以上してないわけで、
ある意味で、結論づけた部分もありますが。




ああー、脳に余裕がないです。
やること多すぎです。
全体的に余裕がないのです。
なんでだ。
探せば、暇はあるはずだろうに…。



ちょっと、フラッと消える人の気持ちがわかります。
ちょっとどころじゃないですな。
かなりですな。行くんだったら、熊野か出雲。



携帯のない国に行きたい。
1週間でいい。電波塔壊れろ。
ついでにネット環境も崩壊してくれ、1週間でいいからさ。



もう一度考え直したいのです。
自分が何者で、
どこに行き着くのかを。
価値観の奴隷になるのはごめんなのです。

ちょっと話を聞いてくれ

つか、僕は今や大阪に住んでいるわけさ。


で、仕事終わって稽古へ直行するわけさ。
でもね、最近はね、稽古終わった後に打ち合わせが多くて

普通に大阪戻る終電に乗れないわけさ。


それで、ちょっと高くなるけれど
漫画喫茶のフラット席で
ゲラゲラ笑いながら、寝るわけさ。
これが1週間に2階くらいある。


エコノミー症候群にならんか心配だし。
それよりも、財布に大打撃を受けている。




まぁ、そこまではいいさ。
問題は昨日だ。

なんと昨日は、

フラット席が空いてない!!

仕方ないので、普段使わない漫画喫茶へ、
同じくフラット全滅!!

なんてことだ。

寝れないじゃないか!!
リクライニングなんかで寝れないのは
2度も実践済みだ。



ちくしょう!

ということで、
始発で帰りました。
めっちゃ眠いよー



仕事だよー


通しだよー
公演情報
▼劇団ZTON
2015年
【脚本・演出】
劇団ZTON1967
『狂犬』
1月20日(火)
@インディペンデントシアター2nd

【脚本・演出】
劇団ZTON vol.11
『オルタソフィア
  -憂国の革命因子-
3月12日(木)〜14日(土)
@京都府立文化芸術会館

▼電子書籍
Amazon[kindle版]
「天狼ノ星」<天の章>¥472
「天狼ノ星」<地の章>¥472
「王の血脈」
¥472
twitter
プロフィール

河瀬仁誌

Author:河瀬仁誌
京都・大阪を中心に活動する劇団ZTONの代表。脚本家・演出家・俳優。

演劇講師や演劇を使ったコミュニケーションワークショップも展開中。

メディアミックスの舞台興行をやりたい。
アニメ・ゲームも作りたい。
神山健治監督が好き。

検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。