スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風ヤミの国

気がつけば、7月から書いていないこのブログ。
いや、本当この3ヶ月。いえ、もう5ヶ月が怒濤でしたね。

この怒濤の中で書き上げた「風ヤミの国〜偽志倭人伝〜」
ご来場いただきましてありがとうございました。


さて、この「風ヤミの国」
9年前に書いた「しぐれ-shigure-」の続編にあたります。
勝手に続編に書き換え、
登場人物の名前を変更し、
登場人物を増やし、
好き勝手にバックボーンを変更し、
もともとなかったエピソードをバンバン追加した。
…のにも関わらず、
許してくださった、上島さんと本若陣営に感謝をば。



この脚本を書き換えるにあたり、
ちょっと意識したことがあります。
それは、昔の自分の作品のテイストに寄せること。
基本、過去(2010年くらいまで)の
ZTON作品って鬱エンドなんですよね。
まぁ僕が鬱鬱としてたからかもなんですが。



今回は意図的に鬱エンドにもっていくように作りました。
当時は「死」ってものに憧れていたんですね。
あ、マイナスじゃないです。ブッダ的な意味です。
あと、脚本の役割が終わったらキャラは殺すという鬼の鉄則。
役割のない奴を無駄に生き残らせたりしない。
そんなことを考えて台本を書いていた時期もありました(遠い目)



あとは2劇団でやっているので、
見ている途中で主人公が交代するように作ろうというコンセプトはありました。
「覇道泰平」もそういうコンセプトですけど、
あれは演出のシステムでバシッと変化するのに対し、
「風ヤミの国」は物語の中で自然に移行させようとしとりました。
皆様の目にはどう映りましたでしょうか。



さぁ、1月「覇道泰平」に向けて頑張りまーす!!
スポンサーサイト

「ティル・ナ・ノーグ〜太陽の系譜〜」こぼれ話

劇団ZTON vol.12「ティル・ナ・ノーグ〜太陽の系譜〜」
ご来場いただきましたお客様、ありがとうございました。

さて、こぼれ脚本のこぼれ話でも…。と思うんですが、
今回、売ったんですよね脚本。
ありがたいことに完売しまして。
次回からは経費で出せるんで、もしよければまた新作もぜひ。
(今、実施中のクラウドファンディングの結果にもよりますが。
 クラウドファンディングご投資いただいた方々ありがとうございます!!)


で、今回はアイルランド神話だったので
名前のモチーフでもと思いまして。
私、名前をつけるセンスが壊滅的に崩壊しておりますので
役名には必ずモチーフとなるもの、実在の人物の名前があります。

かの昔、ES001「幕末紅蜀葵」の際、
シャルル、シャルルって脚本に書いていたのに、
実際の人物を調べ直したら、シャヌルで。うぇっと思って、
自分のメモを見直したら、シャヌルが字が汚過ぎてシャ「ル」ルって呼んでた。
公演終了後の回想。
カタカナコワイ。


ググれば、全部出て来るだろうと思ったけど、出てこなかった。
どこで調べたんだろう。私。
では、時系列順にいきまーす。


①フィンタン【シーザー族】
アイルランドに辿り着いたシーザー族の生き残りです。
設定でもシーザー族にしようか悩んだのですが、ややこしくなるのでやめました。
フィンタンはアイルランド上陸から何かしらに姿を変えてずっと生きているそうです。

②トゥアン【バルホルン族】
フォモール族によって滅ぼされたバルホルン族の生き残り
トゥワンは鮭になったり、鳥になったり、様々なものに姿を変えて生き続けた
という伝承があるとか、ないとか。

③キッホル【フォモール族】
バルホルン族を滅ぼしたフォモール族の王。
脚なしキッホルと呼ばれ、脚がないのにべらぼうに強かったとか。
キッホルのト書きで、「腕がなくなろうが、脚がなくなろうが…」ってのは、
脚なしキッホルがモチーフだからです。

④ネヴェズ【ネヴェズ族】
こいつらは史実ではギリシャ人だと言われています。
例のごとくフォモール族に奴隷化されて、ほとんど殺されます。
特に言うことはないでしょう。ちなみに、ネヴェズ達には名前が振られていました。
僕の頭の中だけで。
オヴェズ=尾崎さん、アヴェズ=浅場ちゃん、
レヴェズ=大塚さん(あだ名がレバニラ)、クロヴェズ=クロベエさん
ほらね、僕のネーミングセンス終わってるでしょう。

⑤モルク【フォモール族】
奴隷化されたネヴェズは、フォモールに反旗を翻します。
その時のフォモールの王が、コナン王、そして、モルク王。
モルク王は、ネヴェズ族を30人だけ残して(船で逃げ出す)皆殺しにします。
まぁ、その30人の子孫が最終的にフォモールを滅ぼすわけですが….

⑥ヌアザ【トゥアハ・ダナーン族】
トゥアハ・ダナーン族であり、ネヴェズ一族が逃げた一族の末裔。
再びアイルランドに帰ってきます。霧と共に現れた魔法使いの一族と言われます。
まぁ実際は、上陸した時に乗ってきた船を焼いたそうな。祖先の仇をとるまで
アイルランドを脱出しないと誓ったとか誓わないとか。
ヌアザはフォモールの剣士スレンとの決闘に破れ左手を吹っ飛ばされる。
後に、自分の兄弟に銀の腕を作らせて復活してくるというなんとも中二的なキャラクター

⑦エオヒド【フォモール族(フィル・ボルグ族)】
プロットができた後に足したキャラクターなので良そうな名前を拾ってきた。
進撃してきたヌアザに殺されてしまうフィル・ボルグの王。

⑧ヨーヒー【フォモール族(フィル・ボルグ族)】
ヌアザとスレンの決闘の時のフォモールの王。
トゥアハ・ダナーン族は決闘のどさくさに紛れてヨーヒー王を毒殺。
フォモールもダナーンもどっちも卑怯なアイルランド神話。

⑨スレン【フォモール族(フィル・ボルグ族)】
フィル・ボルグの戦士スレン、ヌアザに勝つ人。
フィル・ボルグ族は、ネヴェズ一族の末裔の1つ。
彼らはアイルランドに残り、フォモールと混血したのです。
よってこの頃のフォモールは=フィル・ボルグでもあるという。
生き残るのにたけた一族。
ちなみに、ネヴェズの末裔は3種類あって、ダナーン・フィルボルグ・ブリトン。
イングランドの末裔になる一族。
僕は「アーサー王」(ウェールズ史)を調べていたら、
アイルランド神話に行き着きましたと。

⑩ブレス【フォモール族・ダナーン族混血】
スレンとヌアザの決闘の結果。
フォモール(スレン)が勝つもヨーヒー王死んでるし、
どないすんねってなって、フォモール族とダナーン族の混血のブレスが王になります。
(なんで、戦争してんのに混血がこんな早くにいるのか謎)
ブレスは混血ながらフォモールに有利な政策を打ち出します。
そして、キレるダナーン。
銀の腕を生やしたヌアザはブレスをしばくため再び挙兵します。

⑪バロル【フォモール族】
困ったブレスが頼ったのがバロル。一つ目の巨人。
バロルはダナーン族をしばくしばく。
そん中、占い大好きなバロル君、占いの洗礼を受けます。
占い師「あんた、孫に殺されるよ」
(もともと、作中のキッホル王はバロル王という名前でしたが、
 孫に殺されるってのがwikiに載りまくってのでやめました(笑)
 キッホルも孫に殺されてるでしょう?)

⑫エリウ【フォモール族】
バロルの娘。バロルには子どもがエリウしかいなかったのか?
とにかくバロルはこのエリウを塔に監禁します。
「男に会わせなければ、孫が生まれることもない」
バロル単純。

⑬キアン【トゥアハ・ダナーン族】
フォモール(バロル)に怨みを持つダナーンの騎士、キアンは
エリウが監禁されている塔に忍び込み、エリウを襲います。
なんて糞野郎。その結果、エリウのお腹には子どもが…!!
ちなみに伝承では、ヌアザの兄弟ケヒト(銀の腕作った人)の子ども。

⑭クー【トゥアハ・ダナーン族】
同じくケヒトの子ども。「クー・フーリン」のクーではないです。

⑮ルー【フォモール族・ダナーン族】
さぁ、身ごもるエリウ。怒り狂うバロル。
生まれたての子どもをバロルは船で流します。鬼畜。
占い師の言う通りルーは成長しバロルを殺します。

⑯マナナン【トゥアハ・ダナーン族】
そのルーの載せられた船を拾い、ルーを育てあげるマナナン・マクリル。
このあたりまで来ると僕はあんまりよくわかりません。
大変、古事記的な感じになってきて、血縁関係が意味不明になってきます。

⑰ファリニシュ
ルーに飼われていた"大変美しい"犬。

⑱ブリュナーク
ルーの槍、5本に刃先がわかれた槍。ヌアザによってルーにもたらされた。
作中ではヌアザが使っていた。

ふぅこれで全部かな。

ちなみにこの後、

ミレー族と呼ばれる一族が現れ、
ダナーン族が統一したアイルランドは占領されます。
そして、ダナーン族は再び霧の世界(常若の国)
"ティル・ナ・ノーグ"に旅立つのです。

西洋系のファンタジーでよくある霧の中船で出向するアレです。
日本で言うところの"根の国"ですからね。
西洋の方がセンスありますよね。

ちなみに、アイルランドには死生観がなく
肉体が死んだ後も生き続けるという価値観があったそうです。
だからこそ、文字というものは必要なかったのかもしれませんね。

twitterの続き

駄文をtwitterに書いていたら、

続きを書きたくなってしまって。

何度もtwitterに出るのうざいと思うので纏めちゃおうと
思った次第であーる。




僕は文学部地理学科出身で、
地理学の研究対象は「地球上に存在するすべての事象」なんだけど、
演劇は「この宇宙に存在するすべての事象」を研究し表現することができる。
…いつか無重力演劇をやりたいものだ。


何を隠そう、僕は地理学科の卒業論文を
「機動戦士ガンダムにおける各スペースコロニーの産業と背景」的なことをやろうとして失敗したのだ。
宇宙地理学など存在しないと…!
そして、大人しく歴史地理学を、平安京の立地とその都市計画のお勉強をした。

③NEW!!
歴史地理学は文献もさることながら、文献を書いた人物の生い立ち、官位、人間関係を
鑑みて検証する。大変面白かったがこれはもはや研究者の主観がおおいに関係する。
これはもう論文を書こうが、脚本を書こうが変わらない。
そう思って僕は大学を辞めた。

④NEW!!
…嘘だ。歴史地理学がつまらなかったわけではない。
地理学科の他の授業の単位が全くとれなかったのだ!
否!授業に出る気にならなかった!
製図実習や測量やバナナプランテーションのあれこれ。
一言で言うと興味がなかった。
地理学に興味がなかった。
全く興味がなかった。

⑤NEW!!
では、なぜ地理学を専攻したのか?
結論から言えば、高校に指定校推薦が来ていたからだ。
受験したくないない病にかかっていた僕は、
そこそこの学校で一番マイナーな学科を選択した。
そう、それが立命館大学文学部地理学科だった。

⑥NEW!!
もともとは歴史学科に行きたかった。
それも関東圏の。受験したくないない病が重症だったのだ。
京都で地理。東京で歴史。
ほんと、どこでこなってしまったのか。
東京で演劇をしていれば商業とかも転がっててるし、
もうちょっとチャンスも多かったのではないか。…とか考える。
しかし、後悔はしていない。ポジティブシンキング。
だって試されるのって、めんどくさいじゃん。


⑦NEW!!
そんなグータラな人間が人を試す側に回るとは因果なものである。
案外、グータラな人間こそ人の本質を見分ける目を磨くものではないだろうか?
自分が動かなくても済むように。
だんだん、文章を書くのが面倒になってきたので、
森見登美彦文体に変化してきた。

⑧NEW!!
新人公演参加組の顔ぶれがあまりにも若いので、
ちょっと昔のことを書きたくなってしまった。
高校生とはさすがに飲みにいけないでしょう!
そんな感じで新人公演04「王の血脈」もうすぐチケット売り切れます。
ありがとうーございます。



ほら、ブログにうつってよかった。
駄文、駄文。
何ヶ月かぶりの更新が駄文。

スターウォーズ

恥ずかしながら、この期に乗じて、

スターウォーズ全6部作を見た!

やぁ、思ったより大変じゃなかったな!

実はスターウォーズ、ちゃんと見た事がなくて…。




順番としては、公開の順で、

Ⅳ、Ⅴ、Ⅵ、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲと。

もともと全部見てから映画館にエピソードⅦを見に行こうと思っていたんですけど。

Ⅰから順番に見るのは、怠くて時間がなくて、

土肥くんがⅣから見たらいいと言うので、なら3作品だと

思って、Ⅳ〜Ⅵを一晩で見る。

でまぁ、旧3部作は、新3部作のⅠ〜Ⅲの話での話がガンガン秘密扱いされてるんだけど。

俺、知ってるわ。

Ⅴのネタバレ、Ⅵのネタバレ。

…今思えば、Ⅰ〜Ⅲまで見た事あったじゃん、俺。

ってことに見ながら気づく、愚かさ。

(地味に、クライマックスだけ金曜ロードショー的なものでみちゃっていたり)

そら、ルークが途中で怒ってたりするところで、

「こいつは、暗黒面に行ってないか?」って心配しちゃうよ。

…で、Ⅵまで見て…。




このまま劇場にいこうと思ったんだけど、

この技術革新の中、劇場に行くのは駄目だ。

技術革新を目の当りにしてショック死する。と思い、

Ⅰ、Ⅱ、Ⅲを総復習。

…うん、見たことある。

Ⅰに至っては映画館行ってる気がする。

もしかして、Ⅲは見た事ないかも…って思っていたんだが、

クライマックス近辺では、バッチリ記憶が蘇りました。





よく、新3部作は、蛇足だとかネットで言われてますが、

僕は旧3部作よりも、新3部作のが好きです。

圧倒的に好きですね。

アナキン・スカイウォーカーの人間らしさが。

ルークはどうにも、いいとこの坊ちゃん過ぎて…。





そして、エピソードⅦ。安定のレイトショー。

これも結構ネットで叩かれてる記事だけ読んだけど、

そんなにひどいかな…?

オマージュがひどいって書いてたけど、

僕は、あんまりオマージュ感感じなかったなぁ。

時々入るカットは過去作のに似たもの多くあったけど、

遊び的なもんだと思うんだけどなぁ。ジョージルーカスリスペクト。

むしろ、監督が変わったのにも関わらず、

前作のテイスト崩さずに、いい仕事してたと思うけど。






僕は、高度経済成長期〜バブル時代に売れたものはあんまり信じてないんだけど、

バブルに売れて、技術革新に取り組んで、生き残ってきたものなんだなぁ

スターウォーズはって思ったり。

今見ると、エピソードⅣの宇宙人はゆるキャラ(着ぐるみ感満載)だもんねぇ。

でも、今の宇宙人達はCGで本物に見えるよね。宇宙人の本物知らないけど。

それから、エピソードⅣのライトセイバー殺陣が、

ZTONの旗揚げ公演の殺陣クオリティだったり。

エピソードⅦの主人公の女の子は、ここから型とか教え込まれるんやろうか。

リアルに。

監督変わって一番大変なのはライトセイバーの殺陣チームがいないことなんじゃないかと、

勝手に邪推したり。

ハリソンフォードが走れなくなっていてちょっと悲しくなったり。

73歳ですって。むしろ、頑張ってるやろ…。

そんなことを感じながら、エピソードⅧをぼちぼち楽しみにしつつ。





次は…黒澤監督祭りをします。

黒澤監督はなぁ…面白いんだけど…長いだよなぁ…。

はふん。

覇道ナクシテ、泰平ヲミル

劇団ZTON エンタメストライク005
「覇道ナクシテ、泰平ヲミル」は無事に終了いたしました。
ご来場くださった皆様ありがとうございました。


また、平日の動員が少なくて助けてくださいと騒いだ時、
助けてくださった方本当にありがとうございます。
感謝の言葉しかお返しできないのですが、ありがとうございます。
平日の予約増えたの僕、観てます!
リツイート頂いたこと、リプライ頂いたこと、
本当にありがとうございます!


さて、昨年夏に【偽王劉備編】・【蝕王曹操編】を上演してからの
「覇道ナクシテ、泰平ヲミル」【偽蝕劉曹編】・【真王孫権編】いかがでしたでしょうか…?

今年は色々な公演が本当にたくさんあって、
僕の中でも整理するのに時間のかかる公演でした。
整理とは…どうして、こういう作品を創ることになったのか、創るのか、創れたのか?

しばらく音信不通になって(プラーベートを優先して)
整理しようと思ったんですが、未だ整理しきれていません。
僕は、頭優先の男なので、系統分類化されていないものは
釈然としないなぁと悶々とする派でして、
まさに、真・覇道泰平はそんな作品です。
(作品に不満があるというわけではありませんよ)


僕がこの公演を語ることができるのは、
もう少し時間がかかるのではないでしょうか…。



ただ、1つ言えることは、人の"心"を動かすエンターテイメントは
僕の計算だけではできないということでしょうか。

でも、それを計算でもしようとする性。
まったくもって、僕は覇道泰平における劉備のような人間です。
だから、劉備は尚香に敗れたのかもしれません。


もし、覇道泰平の続編をやるとしたら…
劉備の心の闇を引っ張ってあげてもいいんじゃないかなと思います。
今のところやる予定ありませんけど、
タイトルだけはノリで決まっています。

偽(ギ)王劉備 ギ…魏(曹操の国)
蝕(ショク)王曹操 ショク…蜀(劉備の国)
真(シン)王孫権 シン…晋(司馬懿の国)

まだ、ゴ…呉がないんですね。

と来ればもう決まっているでしょう。

【護王司馬懿編】


やる予定はありませんよ!
公演情報
▼劇団ZTON
2015年
【脚本・演出】
劇団ZTON1967
『狂犬』
1月20日(火)
@インディペンデントシアター2nd

【脚本・演出】
劇団ZTON vol.11
『オルタソフィア
  -憂国の革命因子-
3月12日(木)〜14日(土)
@京都府立文化芸術会館

▼電子書籍
Amazon[kindle版]
「天狼ノ星」<天の章>¥472
「天狼ノ星」<地の章>¥472
「王の血脈」
¥472
twitter
プロフィール

河瀬仁誌

Author:河瀬仁誌
京都・大阪を中心に活動する劇団ZTONの代表。脚本家・演出家・俳優。

演劇講師や演劇を使ったコミュニケーションワークショップも展開中。

メディアミックスの舞台興行をやりたい。
アニメ・ゲームも作りたい。
神山健治監督が好き。

検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。