スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うっかり配役をバラした件

七人の武将。

うっかり配役をバラしました。

別に、シークレットってわけではないけれど。



つまり、安倍晴明の記事に関していうと、

蜜さんの出てもらった公演数と

安倍晴明=蜜比呂人さんという

うっかりが2つもあったのね。





うっかり、うっかり。



別に隠してたわけじゃないもの。

大丈夫だもの。




後で、プロデューサーに怒られるなんてことはないと思うの。

だって、別に秘密だったわけじゃやなかったし。

うん、そうだよね?



七人の部長と七人の武将。

並べてみると、とてもおもしろいのです。

早く、同じ日に2演目の稽古をしたいものです。

演出からも、真逆攻めしております。




こりゃいいね。
スポンサーサイト

ストレートプレイ

ZTONのDMに入れる、

Z会通信の返答を今更思いついたので記そう。



今回、ZTONでは、「七人の部長」でストレートプレイをするが、いかが?

的なサムシングを聞かれてのだが。

僕は、さらっと、「普通」と答えた様な気がする。



うん、普通だろ。と言ったもののののの。

どう普通なのかと言うのを言えば良かったと、後悔。



ZTONは、エンタメなんざやっちゃいるが、

芝居の根本はストレートプレイだし、

エンタメの根本もストレートプレイだし、



要は、ドラマ。


要は、人物の関係性。



だから、普段やってることを少しそぎ落とすだけでーす。

って言えば良かったなぁ。

安倍晴明【七人の武将⑦】~蜜比呂人さん~

さて、歴史浪漫の小部屋。


安倍晴明です。


36-1263993724_140.jpg


お世話になってまーす。

え?武将じゃない?うるせー!

お世話になってるから、出てもらわないわけにはいかねぇんだよ!




ZTON的に言えば、

安倍晴明=蜜比呂人さんの様な図式が

成立しております。



蜜さんとの出会いは、

一方的な憧れでございました。

僕が芝居を始めた2004年、

劇団ショウダウンさんの芝居を見て、

「蜜比呂人」という俳優に、衝撃を受けたのでした。

か、かっちょいい!!(演技的な意味で)



そっから、

2006年まで飛びまして、劇団HOMURAさんで共演。

打ち上げの最中、女の子と話たい比呂人兄さんを捕まえて、

近寄りまして、仲良くなろうと画策しまして、

メールアドレスを聞きまして、出演交渉しました。




で、その年の夏に、

「阿修羅乃華」

performance_img_1s.jpg

もりあがりましたねぇー。

もう、DVDないんじゃないのかな?
絶版ですかね?


とにかく、ZTONショウビズの扉を開く
シャイニングローダーであったということです。





で、そこから、ご一緒してもらっているのが…
「阿修羅乃華」
「沙羅双樹」
「うつろひ双紙」
「月黄泉ノ唄」  ここで、安倍晴明。


cast_08.jpg




「応仁恋乱舞」
「狗神エイト」
RR「祇園精舎」
RR「しぐれ」
RR「月黄泉ノ唄」   安倍晴明。
LINKS「日輪ノ剣」  安倍晴明。
「天正のリア王」
EP「七人の武将」   安倍晴明。

12本目。
安倍晴明4本目。




すごいね。

でもさ、全然満足じゃないから!

安倍さんには、もっとあやかる気満々だから!

陰陽五行信仰すっから。

蜜比呂兄さんも、そのつもりでよろしくです!

織田信長【七人の武将⑥】~天正のリア王~

先ほど、書いたはずの記事が消失しました。

これは至って謎です。

あまりに熱い思いを書きすぎたのか、早速言論統制されたのか、

奇麗さっぱり、記事がありもはん。

飛んできた人ごめんなさい。もう一度書きます。






歴史浪漫の小部屋

その6

織田信長。

nobunaga_img.jpg



信長さんへの愛は、もはや
劇団ZTONvol.8「天正のリア王」をご覧ください。

b01.jpg


え?過去の公演だから、
見れない?
大丈夫、DVDが発売されます!!

ZTON学園の会場で!8月18日~です!



天正のリア王は、
3.11の次の日が初演であった公演です。

公演を打とうか、打つまいか、
相当考えました。悩みました。
そうして、公演をうちました。

お客様には、「この時期にやってくれてありがとう」
というお言葉頂きまして、その時は良かったと思ったんです。




でも、東京に戻ってから、
麻痺した首都機能、
日に日に深刻になる原発、
いつまでも、復興できない被災地、
を目の当たりにし、

「演劇って何だ?」と真剣に悩みました。
約1ヶ月くらい悶々としていたと思います。






気持ちが切り替わったのは、
東京で観劇した1本の芝居でした。
すげぇーかっこよくて、すげー元気をもらいました。





だから、今は、

「俺は、エンターテイナーなんだから、
 エンターテイナーとして、明るく、強くあり続けよう」と


そう思たわけです。
震災なんかに負けないでさ。





そういう意味で、「天正のリア王」は、
とても意義があったと思います、
エンターテイナーとしての確かな一歩。
覚悟としての。



俺たちは、あの時期に公演を打った責任を果たさないといけない。
義務感とかじゃねぇーけど、心の在り方。

ZTON教室の殺陣入門完売しました。

ZTON学園 夏期教室 プログラムE:殺陣入門

が完売したとのことです。ありがとうございます!!




http://office-zton.com/



申込しようと思っていた方、申し訳ないです。

9月以降に継続して、「エンタメ修行WS」をやっていきます。

その中に「殺陣」も入れようと思っているので、

もしよろしければ、そちらにどうぞ。

「エンタメ修行WS」は、間違いなく「訓練」の領域。

「殺陣中級」くらいにはなっているでしょうか…。

筋肉痛で、次の日歩けない可能性もあるでしょうな。

「だって俳優だし、それくらいの訓練しないとね?」っていうWSです。



「殺陣入門」は、入門編なので

お気楽にどうぞ。厳しくないッス。

てか、もう完売なんですがね…。






さてさて、

プログラムD:「ドラマケーション」

の定員もそろそろかと。

いいですよ、コミュニケーション教育。

文部科学省の「コミュニケーション推進会議」の結果を教えて欲しい所です。

議題は、
「申請が1つの土地に固まりすぎ。」
「どうしても、東京派遣になってしまう。」だったと思います。

詳細キボンヌ。



もちろん、公演の方にも、どしどしご予約ください!

まだまだ(?)お席ございまーす。

お待ちしておりまーす!!!!


1,000円でZTONが見れますよ。

教育界に物申しますよ。(主に武将たちが)

ああ、どっかの大学の客員教授でもやれねぇかな。

まだ無理か。年齢的に。

結構キレイにドラマ教育について紐解けると思うんだけどなぁ。

若いのが辛い。でも、年は取りたくないわ。






そして、駄文です。

ゲキバカの「ごんべいー平成版ー」を見ました。

僕の大好きな照明でした。カチカチと組み上げられているので
大変好きです。正確に積み上げられている感じ。大変好感です。
そして、身体能力がすごく高い!修行じゃぁー。


伊藤計劃の「虐殺器官」を読みました。

ハリウッドで映画化、もしくは、神山先生のアニメ化希望ですね。
僕が書くなら、ウイグル自治区だけど。
どうにも、311から興味が失せた。
ジョン・タイター的なテイストがいいな。日本をやるなら。


つかこうへいの「小説版熱海殺人事件」を読んだ。

まさかの2時間で…。まぁ、細いし。
行き帰りの電車で読み終わるとは思わなかったなぁ。
つかさんには、悪いけど小説の才能はないんじゃないかな。
つか版・忠臣蔵もおもしろくなかったし、小説は。
脚本はおもしろかったけどね。
広島に原爆が落ちる日なんて、涙無しに見れないよ。


杉田圭の「うた恋い。1・2」
ニコニコ動画で有名になったサムシング。
嫁がアマゾンで入手したらしい。
とても面白かった。愛し合う2人が一緒になれないのは悲しい…。



しかし、バラエティに飛んでるなぁ。
そうして、これから「ヘタリア」を読むのだから、
なかなかにオタクだ。



土肥氏が「ハエの王」を読むべしと渡してくれたのだが、
嫁が、wikiの如くストーリーと展開とご丁寧に
落ちまでつけて説明してくれたため読む気にならん。



次は、お勧めしてもらった物を読むかな。
本屋に行くタイミングないので、とり急ぎ
有川浩でも…。ライトですぐ読めっからね。
移動中、暇よりはいいでしょ。
公演情報
▼劇団ZTON
2015年
【脚本・演出】
劇団ZTON1967
『狂犬』
1月20日(火)
@インディペンデントシアター2nd

【脚本・演出】
劇団ZTON vol.11
『オルタソフィア
  -憂国の革命因子-
3月12日(木)〜14日(土)
@京都府立文化芸術会館

▼電子書籍
Amazon[kindle版]
「天狼ノ星」<天の章>¥472
「天狼ノ星」<地の章>¥472
「王の血脈」
¥472
twitter
プロフィール

河瀬仁誌

Author:河瀬仁誌
京都・大阪を中心に活動する劇団ZTONの代表。脚本家・演出家・俳優。

演劇講師や演劇を使ったコミュニケーションワークショップも展開中。

メディアミックスの舞台興行をやりたい。
アニメ・ゲームも作りたい。
神山健治監督が好き。

検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。