スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島県郡山市

本日は、福島県郡山市に行ってきました。

某高校で、ドラマケーションを実施するためであります。

大変素直な、生徒たちで

先生たちに不安も最もですが、何の心配もいらねぇーなと

実施して思いましたとさ。



そんな話はいいんでYO

原発の話さ。

出迎え早々、
先生に「お暑い中、遠い中、放射能たっぷりの福島にようこそ」
と出迎えられ、不肖河瀬は、マスクをして学校に入ったことを恥じた。


ここでは、己の体は何のそのである。
幸い、学校内は、
うんこみたいにクソ偉い文部科学省たま
の規定の数値でおさめているとのこと。


色々話を伺った。
福島県郡山市の現実を書きます

郡山市は、本日の放射線量は、2.63マイクロシーベルト/1時間。
これは、うんこの陰謀で、地上17・18メートルで計っているから、
地表は、約5マイクロシーベルト/1時間。
内部被曝換算すると、外部被曝・呼吸・食べ物・水で、約3~4倍。
約15マイクロシーベルト/1時間
これを、年に治すと15ミリシーベルト/年。

はい、アウト。
日本の法律規定は、1ミリシーベルト/年。
放射能は、数値があがれば上がるほど、
比例してガンの発生率があがるので、
少なければいいに越したことはない。


で、現実だ!

郡山市の


■3歳以下は、1日30分以上、外に出てはいけない。
小さいアお子様がいる家庭は、土日になると、
被曝線量の低い公園に、車でかけるそうである。
そうして、毎週末大渋滞だそうだ。

■小学生は、
長袖、手袋、花粉症など防ぐゴーグル、マスク、帽子
をフル装備で登校している。

■放射線量を測るのは、教員の仕事。
毎朝、校門の前の線量を測り、掲示板に書くそうだ。

■震災や事故になると、テレビ画面の左側と下に字幕が流れる。
福島では、いまだに流れている。
放射線量情報と、文科省の発表を垂れ流している。

■今日の、福島県の浄水場は、
放射性ヨウ素・セシウムが「不検出」だってさ。
本当に、馬鹿にしていると思う。

■明日の福島テレビは、文部科学省の担当者が
視聴者の声に答えてくれるそうですよ。

■公園は、危険だから遊ばないでくださいだって(笑)
しかも、5月入ってから。





あー腹が立つね。

国に。
そして、マスコミに。


AKBの総選挙とかどうでもいいんだよ。
もっと、きちんと報道しなきゃいけない現実がたくさんあんだろうが!
この国には正義とかねぇのかよ。



こういう記事を書くと、
俺は、いつも泣きそうになる。
というか泣く。
悔しくて辛くて。

「世の中のすべてのインチキにケチをつけれる人間になりてぇよ。」


じゃ、しーゆー。
スポンサーサイト

少し復活する

実は、昨年河瀬は、神経障害を断続的に発症した時期がありまして、

特発性なんで、原因は不明なんですが、恐らくストレスだろうという。

とにかく、薬をもらったのですよ。ビタミンB12錠剤。

俗に言う、神経修復剤ですな。

こいつが効かなけりゃ、次は抗鬱剤ねって言われてて。

高校くらいからある症状であったので、ちょっと引いたわけですわ。

神経障害を気にせず生きてきたという。



まぁ、「特発性睡眠症候群」ってやつで、

バイオリズムかなんかピークになると、1日18時間以上寝ても眠い。

これが、1週間続くという。バイオリズムが変われば、普通と。

他にも、無気力・食欲旺盛・性欲上昇という、

ある意味で女性の症状的なサムシングを

発症しておったわけです。実は。眠さだけは異常なんだけどねぇー。

たぶん、高校の時は結構、大学時代もたまに、そういう症状はあったと思うー。



とにかく、ビタミン錠剤は、効果覿面で

肩こりまで治ったというありがたい産物でした。

それを、実は、少し前くらいから、服用し始めたところ。

頭の回転が少しずつ、増してる様な。

にゃはー!わて、いけるかもしれへんで。




転じて言えば、311から神経障害になっていたらしぃ。

東京電力さんは、保障してくれるのかなぁ。



もしくは、単純に花粉が減ってきただけかもしらないなぁ。



なんにせよ、スッキリとした頭でありたいと願うのです。

という、小休止。





そして、浜崎先生の生誕祭。

めでたい。

りはびる!

なんとして、気分を明るく文章を書くリハビリである!

河瀬には、締切次郎が控えている!

無駄に、感嘆符を使うところを見ると、
まだまだ、無理をしているのである!



さて、GW前と中に演劇を見た。


一つは、
「アンド エンドレス」の土方歳三の芝居であった。
これまた、ド級のエンターテイメントであるが、
国家の在り方について、脳がパンパンであった河瀬は、
普通に感動し、全河瀬が劇場で涙を流し、
鼻水を抑えるティッシュなる羽衣を忘れたがために、
花粉症とあいまって、必要以上に感動した観客が錬成されたという。


新撰組3本立てのうちの一本であり、
全部見てみたいとも思ったが、
あまのじゃくな河瀬は、一本でお腹いっぱいになったふりをした。


さらに、声優の”森田成一”が出ていた。
FF10のティーダや、ブリーチの主役の中の人である。
しかも、ベラボーにうまかったのである。
声優への憧れが増した次第である。
とゆうか、ここの舞台で役者してみたい。と思った。
滅多に燃えぬ、河瀬の役者心に火が灯ったのである。





二つ目は、
「鳥獣戯画」である。

下北沢、本田劇場であり、これも2本立てのうち1本であった。
こちらは老舗中の老舗であり、演出がもはや芸の域であったという。
尾田氏の話では、”つかこうへい”の売れる1つ前の劇団であると。


ポンキッキの演出やお姉さんが関係している劇団である。
なんとも、ザックリとした紹介であろうか…。


芝居は、武田信玄×上杉謙信×シェイクスピアであったが、
はじめてみたが、ZTONのシェイクスピアシリーズのルーツはここらしい。
全くという程、芝居は違うのだが、
シェイクスピア劇を使っている”オリジナル(大元)”の印象が強く。
演出もパワーマイム等の”オリジナル”なのかもしれないと感じた。




二つの劇団を総じて言えば、

「演出」がでかいところで出演している。

こういう風にでかいとこやる集団になるは、

演出が前にしゃしゃり出ないとならないのか?

と思ったのである。

河瀬には、まったくない心情であるので、どう決着をつけるか
楽しみな反面、恐ろしいものでもある。




要は、世界の歪みから目を背ければいいのだ!
もしくは、自分もゆがんでしまえば、ゆがみも気づかず!

気持ちを明るく!

要は、そういうことである。
ここ、昨今の自分自身の暗さを払拭し、
日々を張りのあるものにしたい次第である。


そのため、司馬氏に傾倒していたブログの文体を、
森見登見彦氏の文体に近づけよう、
いや、戻そうという、ちょっとした運動を展開する次第である。
久しく、森見氏の文体をお目にかけていない河瀬には、
至極難解な技である。


そして、ちょっと気を抜くと
最近、自分の中で、ちょっとしたブームであった
”吉田松陰”ごっこにより、
語調が”でございます。”になってしまうのでございます。



そのうえ、やはり文体もこぎみよくない。
模倣とはいえ、井上ひさし氏が称賛した、文の彩とは似ても似つかない
負のオーラが、この文章から垂れこめている。

もう、ダメぽ。

まだ書けないぽ。
明るくてこぎみよい文体なんて!



とりあえず、情報と遮断されたい!

未だ、働くことに理由を見いだせず。

やはり、ニートになりたいと願うのだ。

好き勝手に、芸術作品やら、思想をバラまくニートね。




この国には、350万人の完全失業者がいる。
全就労人口の5%だという。
ただし、これは統計なので、真実は隠蔽されているかもしれない。

そこに、
パナソニックの4万人リストラ。
被災地の失業者4万人。
GW国内観光10万人減少。(常時の8割)
第1次産業の放射能被害による廃業。
などの1・2次災害を鑑みると。

こりゃ、500万人突破するな。
保障すれば、0に転じるのではなく、マイナスいくから、


『国債』は、増え続けるな。


徳政令を発動するしかねぇんじゃねぇの?
しかも、日本の国債は、基本国民に対してだから、
その気になれば、(外交的な対策を他国より気にせずに)
いつでも、借金をチャラにできるわけだ。




まずは、銀行口座凍結。
「ゆうちょ」さんは、アメリカに最後の益を流すのに必死だから、
少し対応が遅れるでしょうがな。


そして、「円」の廃止。


日本人は、そんな横暴なことができないかもしれないから、
過剰インフラを誘因して、「円」価値暴落。

別通貨に換金してしまえば、安いもんだ。




どれかでしょう。
貯金なんて、無意味だな。



ああ、そうか。
だから、政治家は、
バカみたいな補正予算組んでも、収入を気にしないんだな!
公演情報
▼劇団ZTON
2015年
【脚本・演出】
劇団ZTON1967
『狂犬』
1月20日(火)
@インディペンデントシアター2nd

【脚本・演出】
劇団ZTON vol.11
『オルタソフィア
  -憂国の革命因子-
3月12日(木)〜14日(土)
@京都府立文化芸術会館

▼電子書籍
Amazon[kindle版]
「天狼ノ星」<天の章>¥472
「天狼ノ星」<地の章>¥472
「王の血脈」
¥472
twitter
プロフィール

河瀬仁誌

Author:河瀬仁誌
京都・大阪を中心に活動する劇団ZTONの代表。脚本家・演出家・俳優。

演劇講師や演劇を使ったコミュニケーションワークショップも展開中。

メディアミックスの舞台興行をやりたい。
アニメ・ゲームも作りたい。
神山健治監督が好き。

検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。