スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夜中は雷雨

雨がすごいっす。
雷雨です。春雨デス!

そんな中、僕は黙々と次回の音響作業。

a6e3a81djpeg










全部お古ですが。

なんだかんだ言って、僕は、
編集作業はアナログのが好きです。
パソコンも便利なんだけどね。
音混ぜる時と音質いじる時以外あんまり使わないかなぁ。

久々でうまくできん。
イライラする。僕は、人にキレることは滅多にありませんが、
機械にキレることは多いので、気を付けたいですね。
心臓病とか。

そうそう、すごい雨に見とれて洗濯物入れそびれました。
あした着る服がありません。
スポンサーサイト

渡る世間は鬼ばかり

家に帰ったら、やってた。見てみる。

…実家に居た頃、河瀬家は、母親ので
「テレビは一家に一台」という、変な理念のせいで、
見たい番組はほとんど見られなかった思い出がある。

で、仕方なく見てた思い出があるのが「渡る世間は鬼ばかり」
今見ても、大体分かる。

多少、人が変わってるのね。
てゆうか、泉ピン子、おばあちゃんになってるし、
オカクラさんは曾おじいちゃんや。
えなり君は誰と結婚するのかしら、
橋田先生!

それにしても、台詞回しが古い。
そんな不自然な家族はおらんやろ。
まぁ、ええんか、それが「渡る世間は鬼ばかり」ですよ。



眠いのに寝れないパラドックス

寝たいんです。
夜型の配置を直したいんです。
でもね。寝れないんです。
若干ねむいのに。

仕方ないので、脚本考えます。
すると眠くなります。
寝れません。
仕方ないので、脚本考えます。
すると眠くなります。
寝れません。
仕方ないので、脚本考えます。
すると眠くなります。
寝れません。

しょぼぼんぼん。
仕方ねぇ、今夜も徹ゲーだ!!

悩み

今、芝居作りで悩んでいる。

平たく言うと、音響の話だ。

元々、確かに、オマージュシーンが多いが、
実際に、本当に、その曲にしていいのか!?

悩める、演出、21歳の春。

駄目な主宰

永田の働いているコンビ二でご飯を買った。

よく考えた。俺、バイトしてねぇ。

為房くんもなんか、ブログにスーツ姿UPしてたし、
梅子さんも、児童所でやってる。
木綿は、結婚式場。
永濱は、派遣バイト。
永田は、いわずとコンビ二。

俺、ニート。

しかもさ、自炊もしてないんだべ?
洗濯と掃除はしても自炊はしない。
まぁ、一日、1、2食しか食べないからいいけどさ。
いや、良くないのか。・・・良くないよな。

働くくらいなら食わんが、信条。
国とかがさ、ビタミン剤とかさ、配ろうよ。
そうすれば、最低限の栄養だけは取れるし。働かなくてもいいじゃない。
贅沢したいやつは、働けばいい。

あ~あ、働くことに生きがい見出せない。
働かないと生きていけない人の多い中、ぬるま湯で育ったもんだなぁ。
金に執着がないのがいかんのやろうなぁ・・・。

続きを読む

いかん、いかんのだよ!

ブログの更新が滞っている。
全くもって遺憾である。

折角なので、今日は、とても残念なお知らせをしよう。

我々、芝居をやる人間は、青少年センターという活動センターで、
芝居の練習をしているわけだが、
その場所が、北区であったり、中京区であったり、東山であったりする。
これは、どういうことかと云うと、
往復1時間以上自転車を漕げと、言われているのである。
遺憾である。全くもって遺憾である。

そこで、僕は、バイクと云う手段を手に入れることに成功。
往復1時間ルートを15分そこらで、制覇する。

しかし、ここに、問題がある。
…バイクの鍵が無くなった。

そして、明後日は東山(遠い)
ガッデーム!!

家が汚い

公演始まる前に熱出して、
終わった直後に熱出して、
部屋は、カオスだ。

そんな中でも、Gジェネレーションがやりたくて、
未だに、GジェネFをやってる。
トールギスが作れねぇんだよ。

もう治ったけど、
今回の熱は、久々というか、初めて死ねると思った。
うん、親とか呼ぼうかと思ったもん。
でも、インフルエンザじゃなかったんだがね。

続きを読む

スキピオ回想録?

ここでは、僕のお気に入りの台詞を勝手に語る。
よりふじさんの脚本には、キャッチーなんだけど、深い台詞が数多くあって、
かなり、素敵なのです。とゆうか、僕の思ってることに似た描写が多い。
まぁ、文才のない、僕には、書けないんですが。だからこそ魅かれますヨネ。

その?「この世には、知ると死ぬしかない真実があって、そいつはいつも、
     真っ赤な口を空けて、俺達を待ってるんだ。」byレリウス

いやぁ、もう、ホント、知らなきゃ良かったことがいっぱいさぁ。
何度死のうと思ったか、はい次。


その?「愛してる、だか、人は後から、愛してなかったと付け加えることができるんだ。
     そうしたら、愛してなかったことだけが、真実になる。」byハンニバル

人は無常だよね。とゆうか、ハンニバル全般の台詞かなり好きです。
熱演した、七井の悠ちゃんはすごいよね!はい、次。

その?「苦しくても、辛くても、僕は生きていかなくちゃいけないさ」byスキピオ

真っ赤な口に飲み込まれた後、スキピオに射した光が、彼をこう思わせた。
俺も、こういう風に思えたらいいと、願望染みた節があるので、好き。


あ、ちなみに僕の役は、マシニッサって言いました。
黒い人です。アフリカ人です。
アンケートにはヌミディアの人とか、オレンジのマントの人って書かれてました。
殺陣もしました。近々、坂東君に撮って貰ったデジカメ写真をアップしたいと思いマス。

452771d8jpeg←写真は、本番後疲れて、
 メイクも落とさず眠る、カトー役の永ちゃん。
 次の日の朝まで、寝てました。









194240cejpeg←グラックス役、土肥くんの壊した舞台を直す、
 アマゾネス役のモリフォイ。
 「すごいよぉ、神話に出てくる怪獣みたいなの、
  でも、目が綺麗。砂漠に光る一対の宝石のよう」byスキピオ


スキピオ回想録?

「Scipio~ローマでいちばん運の悪い男~」
終わりました。御来場してくださった皆様、ありがとうございました。

とりあえず、ブログの更新も全然してなかった(とゆうか、できなかった)ので、
回想していきたく存しますすす。

さて、仕込み前日に熱を出した、僕は、
仕込み1日目を休ませもらい、2日目の昼から、仕込み。
…どうやら、1日目は、搬入だけで終わってしまった按配だ。

さっそく、立て込み開始。

とゆうか、僕は元々、仕込みは照明なのだけれども、
スタッフも音効、制作なのだけど、今回は、スタッフも仕込みも舞台でお手伝い。
初舞台でござった。

たてこみは全く捗らず、結局、1日目は病み上がりにも関わらず、
永田と2人で朝の7時まで作業して、西部に泊まった。。。
次の日も9時から仕込み開始。
なんとか、議会の3段目までと、高台を完成させる。
その日は、しんどかったらから帰った。
永田はバイトを忘れていて、店長に呼び出されて帰った。

3日目(本当は4日目)
舞台監督、永田来ない。
何故か、僕に指示を仰ぎに来る人々。この日、僕は舞監をやった(笑)
なんとか、舞台の形には、なる。

てかてか、僕は、ノコで九十度も取れないくらいのズブの素人でした。
公演始まるまでは。まぁ、最終的には、電ノコ、ジグソー、インパクトなどの
ハイテク機器まで、使用せざる負えない状況になり、ウィンウィンやりました。
色々、使い方を教えてくださった照明の寺澤さんには、感謝デス。

そして、夜。永田現れる。
セメントを塗る。小手で塗るのがめんどくさくて、手で塗る暴挙。
塗りたくる!
…結果、セメントが足りなくなり、大惨事。
この日も朝の5時まで作業して、西部に泊まる。

そっからは駆け抜けたからあまり覚えてないなぁ。
とゆうか、この記憶も非常にあいまいだ。何日か混ざってるかもしらん。
西部に3日くらい泊まったくらいしか覚えてない。
西部講堂は寒かった。

結構、大変でしたけど、ホール泊り込みは、楽しかったです。
名古屋でやった、カフカ以来ですよ。
てか、泊まれるホールってなかなかないもんね。
夜行性なので、夜の方が作業捗るもの。

最終的に、気管支が衰弱してマス。
煙草も吸えない。まぁ、本番終わったから、なんでもいいや。
9bb05b9ajpeg7361def5jpeg

照明のおかげで、
遠目で見ると綺麗よね。

スキピオ舞台。


スキピオ

今日は、本番。千秋楽。

19時から。

本当、疲れたな、この公演。

だけど、自信を持ってお届けできます。

「Scipio~ローマでいちばん運の悪い男~」

是非、御来場くださいな!

では、行ってキマス!

おかげさまで

熱は下がりました。
まだ、微熱だけど。

ブログ書けるほど回復。今回の熱は微妙だよう。
頭に熱が来ない!体めちゃくちゃ熱いのに頭冴えてる!
で、腹痛いよぉ。めっちゃ痛い。胃なのか腸なのか。

いや、腹痛いのは治ってないんですがね。
なんでも食えるのよ。ガッツリと。
でも、腹痛い。痛い。痛い。こんなの初めて


こんな時に役作りなんていらないんだよ、ウィルスさん。
そりゃ、この腹痛い気分に乗って、台詞も吐くさ。
けどね、もうそろそろ勘弁してよ。いい加減出てけYO
助けて、マシニッサ!

熱が出ました

現在37、5℃。
多分、今寝ると暖かくなってもっと上がるね。

やべぇやべぇ、明後日から仕込みなのに。
とゆうわけで、おやすみなさい。
公演情報
▼劇団ZTON
2015年
【脚本・演出】
劇団ZTON1967
『狂犬』
1月20日(火)
@インディペンデントシアター2nd

【脚本・演出】
劇団ZTON vol.11
『オルタソフィア
  -憂国の革命因子-
3月12日(木)〜14日(土)
@京都府立文化芸術会館

▼電子書籍
Amazon[kindle版]
「天狼ノ星」<天の章>¥472
「天狼ノ星」<地の章>¥472
「王の血脈」
¥472
twitter
プロフィール

河瀬仁誌

Author:河瀬仁誌
京都・大阪を中心に活動する劇団ZTONの代表。脚本家・演出家・俳優。

演劇講師や演劇を使ったコミュニケーションワークショップも展開中。

メディアミックスの舞台興行をやりたい。
アニメ・ゲームも作りたい。
神山健治監督が好き。

検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。