スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤベェ。

何がやばいって。音響のお話。

もう、知ってるアーティストはホボ開拓済。
知らないアーテストに手付けるのも、膨大過ぎて取っ掛かりがない。
いい曲ないかなぁ。

僕の曲探しの基準。
?目立つ。
?波がある。
?曲だけ聴いても満足。

芝居としての曲選びじゃありませんがね。
my スタンスです。いや、偉そうなわけじゃなくて。
ふぁ、土肥辰が、ええ曲大量生産したらええんや。
ジェガンレベルのを。

続きを読む

スポンサーサイト

何故か

今、無性に、「モンゴル800」が聞きたい。

高校の頃、適当に聞き流していった曲たちの歌詞は、
何を歌っていたんだろう?

カラオケの為に、字面ばっかり追いかけて、
何も感じる余地がなかった。基本メロディで聞いてたからなぁ。
とりあえず、「あなたに」が聞きたい。洗剤のCMだったやつ。

昔好きだったアーティストを並べてみよう。
T.M.R.(中2まで)→SOPHIA(高1まで)→BUMP(高2まで)
微妙。
途中で、ポルノとか、モンパチとか、Gacktとか、ラルクとか入るんだけど。
ちなみ、この趣味は、大体、ジャッカスと同じ(笑)
そういや、DoAsも好きだった。
たくさん、聞き流したなぁ・・・。
今、歌詞に耳を傾けて聞いたら何、思うんだろう?

今だったら、色々、共感できるんじゃないのかね…。

続きを読む

梅子と僕のメール

ある晴れた日の
梅子と僕のメールの一部を公開!!

梅子:仮ビラ200部包んでポスト入れておいて。

河瀬:うち、包む紙ない。仮ビラ全部ポストに突っ込んでおく。

梅子:えー、じゃあ、仕方ないかぁ。

河瀬:すわん

梅子:わん

河瀬:とてとて

梅子:ぽてぽて

河瀬:ぴかそ

梅子:なまはげ

河瀬:ジャッカス

梅子:反則だよ。


メール代の無駄。
バリ、自由。日々、自由。
こうやって、ZTONの芝居は創られるんですねぇ。

続きを読む

しょぼしょぼ

このブログしょぼしょぼ。
写真使わなくて、ごめんなさい。
更新遅くて、ごめんなさい。
コメント返さなくてごめんない。
(下の方行き過ぎると見れない!!)
内容なくてごめんなさい。

ショボショボ。
最近は、すぐに目がショボショボする。
疲れているのかしらね。
あと、なんか常に頭痛い。
あと、常に眠い。

この時期は、何故か脚本が書きたくなる。
この前書いたばかりなのに。
「年3本は書く!」
今作った、抱負。嘘付いたらスマン。

「刀には、打った人間の魂が宿るものだ」という、
僕がロマンシング・サガからパクッた台詞がある。

それの派生で、
「脚本には、書いた人間の魂が宿るものだ」という
僕なりの哲学がある。

だけど、そうじゃない脚本もある。
そういうのは大体おもしろくない。
本当は、そんなもの存在してはいかんと思うんだけど。

逆に、そういう脚本は、
おもしろいおもしろくないじゃない。
なんか、魂を感じる。超ニュアンス。ソウル。
自分のは、よう分からないから於いといて、
そう、だから、僕はそういう脚本の芝居に出る
ことができる喜びを十二分に感じる。筆者の魂が。
魂の軌跡が出るのよね。俺、頑張ろうって思える。
そういうの芝居って、おもしろい、おもしろくないの
一概で括ることができないと思うんだ。
でも、括らちゃうことのが多いんだけど。

それは、見る人が残念な人生を送っているからなのか、
こちらのオナニーで終わってしまっていたからなのか、
は分からないけれど、
昔やった「東京メトロ」って脚本は魂感じたよ?
久々に魂に感じた「Swan Song」
再来週には、本番だよ!

続きを読む

太った。

ここ最近は毎日、飲んでました。
脚本書けなくて悶々としてたので。(まぁ、書けたんですけど)

おかげで、只でさえ、緊張感の無いお腹周りが
えらいことになっております。ブヨブヨです。
傍目からは痩せてるように見えるんだけどね。

まぁ、だからといって、ダイエットしようとか、
生活改善や!!とか言う気にもなりませんが、
そんな感じで、今日もノウノウと生きようと思いマス。

できた!

わーい、わーい、44頁!
なんか、嫌、無理やり伸ばして45ページにしようかなぁ、

ああ、なんかやりきった。
とりあえず、今は満足。

さてと。

現在、脚本30ページを突破。
(横列は45行で書く派)
未だに、山場に差し掛からない。かつて無い分量。
この時点で「しぐれ-shigure-」を越えた。
しぐれは、30頁弱。
「鶍-‐ISUKA-」だって、37、8ページだし。

僕は、甘甘ちゃんですが、
多少なりとも、観客のテンション、
増やしていく情報量を計算して書くんですよ。

それがね、今回できないの。
なんでって、人数多すぎるから。18人。1人減った。
客観視はしてるんだけど、この分量はやったことないから、
どうなるか、分からないの。
お客さん、お尻が痛くならないといいんだけど。

やりたいことが、メジロウシ。
生音演奏。ライトカーテン。スライド舞台。

お勧めキャラは「陸奥坊海尊」。もう「海尊」ってので、
誰に当ててるかバレるね。
いや、実在の人物らしいですがね。カイソン。
あとは、「武蔵坊弁慶」。ほんで、「鬼一法眼」。
こいつらは、宛書。これは、特別。餞別。
「源義経」も「源頼朝」も「伊勢三郎義盛」も、
「藤原国衡」も「千鶴丸」も「平景清」も宛書。
多いな、こりゃ。

時代がバレた!鎌倉時代直前でござる!!

でも~、オーディションでコロッコロ変わる。
僕の性格。「SAKURA」で煮え湯を飲んだ奴らには
分かるだろうがね…ケケケ

とりあえず、書かないと。書いて駄目を貰わないと。
「阿修羅」始まる前には、改稿も含めて、終わらせないと。
あぼーん。

続きを読む

ふごごごごご

お腹痛いよ~。

何か駄目なもん食ったかしら・・・。

え~ん。

ちまたで噂の!

メガテリだぜぃ!

酒明けで食べきれるか微妙だぜぃ!

昨日はTAKAKUさんの誕生日会だったぜぃ!
俺のテンション微妙だぜぃ!

それもそのはず、今から挟み込みだぜぃ!帰りたいぜぃ!



続きを読む

夜に寝れない

おはようございます、河瀬です。
現在、朝の4時です。寝起きです。

早起きなんです。嘘です。昨日は、ちゃんと23時には寝ました。
睡眠時間5時間で目が覚める。そして、寝れない!!(衝撃)

昼間は、12時間以上寝れるのに、夜は寝れない!
なんなんだよぅ!!もう!!
しかも、かなり、頭も冴えてる。
昼間の寝起きはかなり悪いのに…。
何で、夜は、…こうも寝れない。糞がぁ!!

釈然としない。悶々としてる。
数ヶ月に何回かしかない。一人酒中でござる。

要因は色々あるんだけど、一番はレパ書けない。
そりゃ、自分に制約を掛けてるからなんだけど。
といっても、制約は2つ。

・ハッピーエンドにする。
・人を殺さない。

難しいのね。
そもそも、僕は、この世に期待してないし、
人は、突然理不尽に死ぬものだと思ってるから。
うわ~、なんか最低な人や。


中学2年の時、初めて、読み切りの漫画を描いた。
集○社に持ち込むって書いてたやつ。

「笛吹きと盲目の女の子が出会う。
その女の子は、12歳で、目の前で両親を殺され、自らも犯され、
狂った世の中を見たくないから、自らの目を貫いた。
もう、世の中に諦めたフリをして、生きている。
最後に、笛吹きが女の子に曲を贈る。
すると、女の子の目に「海と月」が写る。
女の子は、涙を流し、もう一度生きると心に決める。
振り向くと、笛吹きはどこにもいない。
笛吹きは曲と共に、自分の目を女の子に贈ったのだ。」

ってそんな話。
…もう、少年誌じゃない!
こんなんじゃ、ジャ○プには、持っていけない!!
って当時は思ったけど、中学2年、14歳?でこの思想は、
ちょっと、ヤヴァイくない?何が、あったのさ、僕?

それ以降の僕の漫画の読みきりは、
割と少年誌色に染まっていくわけだけど、
それは、編集者を突破しなければならない・という
変な心意気があったから。

だけど、脚本にそんな規制はない。
(本来、漫画もそうでないといけないんだろうけど)
だから、好き放題書いて、最後は自然と、バッドエンドに終わる(笑)
狙ってないのよ?全然。
まぁ、好き放題って言っても、実現不可能なことは書けない性質なので、
大分、規制はされてるんだけど。


あぁ、懐かしいなぁ・・・。
初めて、漫画を描いたのは、小学5年生の時。
当時流行っていた、ポケットモンスターの漫画。
ちょっと、書くと、友達が見せて見せてと寄ってきては、
楽しんで見てくれていた。ちょっと、書かないと、
「早く書いてよ」って急かされた。それで、ノート一冊書ききった。
それが、基で、本格的にやり始めたのは、中2から。
そういえば、「僕の漫画家になる」って夢を、親は反対し続けたっけ(苦笑)
まぁ、へこまされるのには、慣れっこなのですよ。
この辺りから。

結局、集英○に持込を始めるのは、中3からなんだけど、
それはまた、別のお話なので、また今度。

行き詰まり

なんかね、やる気がせんのですよ。
このブログ。
多分ね、ブログデザインッすわ。(作者には申し訳ないけど)
僕は、「青」が好きなんですよ。
マジックザギャザリングも、青・白デッキだったし。

ほんでね、今、劇団月光斜が10月にやると思われる、
卒業公演の脚本も書こうと思うんですけどね。
・・・書けないないんですよ。
正確に言うとね、書きたいテーマも、書きたい話もあるんだけど、
構成が・・・。
僕は、脚本の一番重きに、構成を持ってくるので、
それが、納得できないと書けない。否、書きたくない。
うまくはまればトントン拍子に行くんだけど。

だから、完レパじゃないと演出できんのだけど。(演出できてんのかは、しらん)
人数増やして書きすぎかしら(現在16人レパ予定)
だって、卒公は僕も役者やりたいじゃ~ん。
(多分、僕の役者は最後だろうし)
役者落ちかわいそうじゃ~ん。
(学生劇団は人数の都合上、役者を望んでもできない場合がある)

そんな感じで、停滞気味な僕。

『祇園精舎之鐘調ベ(仮)』

ダッセータイトル。頑張れ、琵琶法師!

続きを読む

夢?夜

久々に夢を見た。ガッツリ覚えている夢だ。

ちょっと前までは、夢を大量に見て、眠りが浅く、大量に眠り続けていた僕だが、
まぁ、所謂、「鬱」みたいな時期だったんだけど。
今では、夢を見ないのに、12時間はザラに寝る僕だ。

そんな僕だが、夢について語ろうと思う。
そう、これは自己満足だ。


・僕はスーツ姿、どこかの令嬢の護衛だった。
・令嬢は、ちょっと小さめで丸い感じ。僕の知り合いに似ているが、残念ながらタイプじゃない。
・4LDKマンションくらいに、令嬢と、残り2人の護衛仲間と暮らして居た。
・あと、女中も居た。これが不細工だった。
・日課はこうだ。毎朝、令嬢の父親らしき「ボス」と言う人間が、令嬢を迎えに来る。
・朝の5:20分。僕は、それまでに、起きて、コーヒーを飲みながら、「ボス」を待つ振りを
 せず、何気なく待ってる感じをかまし出す。
 すると、ボスが現れ、「さすがは、あいつの子供だ。ポイントを稼ぐな」と褒めた。
・残り、2人の護衛仲間のことは覚えていないが、出迎えをしているのは、僕だけだった。
・もちろん、ボスにも、厳つい護衛はついていた。

・こんな日が、3日くらい続いた。

・夜、眠れなかったので、令嬢と話をしようと、令嬢の部屋へ行く。
 すると、中で、不細工な女中が居た。
・あまりの不細工にイラついて、外へ出る。そこには、ボスが居た。
 どうやら、僕以外の2人の護衛のどちらかが、スパイだったらしい。
・「お前なら、出てくると思った。さすがは、あいつの子だ」
 また、ボスに褒められた、僕の親は、何なんだ?
・エレベーターで降りながら、銃を渡された。
 蛇の装飾の入った、仕込み銃だ。その銃は5丁あった。黒蛇、茶蛇、銀蛇、太蛇、細蛇
 僕は、銀の蛇を取りたかったが、黒蛇を渡された。
・エレベーターを降りた。どうやら、目標がエレベーターで降りてきたところを
 滅多うちにするらしい。皆配置につく。


―ここで、目が覚めた。

夢を書き綴ったのは初めてだ。
これが、何を意図しているのか、僕はどこへ行くのか。。。

続きを読む

衝撃!!

雨垂事典さんの稽古で、人生初の京都南青少年活動センターへ…。

ボロい!何これ!?

北、中、東山はあんなに立派なのに。これは酷いやろ

なんか、我が故郷、愛知県は春日井市の田舎の方の匂いがプンプンするわよ!!

とゆうか、本当にここで合ってるの初めての場所だから早く着きすぎた。



続きを読む

バグッタ

俺じゃなくて、このツール。
ここのブログとゆうかサーバー?会社?不手際多いよね。
使っといてなんだけど。

プラグインが下いっちゃう病気だよ?

なので、トップ変更。
前のやつのが好きだったのに。
タグ直してやる気にはならん。とゆうか、ここのタグ分からん。ボケェが。
テンションダダサガリやんけ。
どうすんだよ。ブログ更新しなくなるぞ。

そうそう、服の衣替えしましたよ。早い?遅い?
世間の普通が分からないよ~

48c73a6djpeg

続きを読む

暗い

いやぁ、昨日?一昨日?とりあえず、一個前の日記暗い感じでスンマセン。
いわゆる、限界って奴です。八方美人の。

前やってた、mixiの日記は大体、全部こんな感じです。
ダークサイドです。
最近は、「おまえって根暗だよね?」って言われて、素直に「はい」って言えるようになってきました。
これは、進化です。

ちょっと、前に話題になった、4タイプ分類の「職人」タイプです。

http://www.netcity.or.jp/OTAKU/okada/library/priodical/torisetsu/index.html

気になる人は、こちらをチェケラ。
ま、完全に酒ネタだけどね。

元々、僕は、「王様」タイプでした。中学途中までは、「軍人」タイプでした。
で、今は、「職人」タイプ。これで、三階級制覇!!
あとは、「学者」タイプ。でも、これ演出する時は、こんな気分なので、
きっと、全階級制覇。やったね。オトナの階段の~ぼる~

続きを読む

公演情報
▼劇団ZTON
2015年
【脚本・演出】
劇団ZTON1967
『狂犬』
1月20日(火)
@インディペンデントシアター2nd

【脚本・演出】
劇団ZTON vol.11
『オルタソフィア
  -憂国の革命因子-
3月12日(木)〜14日(土)
@京都府立文化芸術会館

▼電子書籍
Amazon[kindle版]
「天狼ノ星」<天の章>¥472
「天狼ノ星」<地の章>¥472
「王の血脈」
¥472
twitter
プロフィール

河瀬仁誌

Author:河瀬仁誌
京都・大阪を中心に活動する劇団ZTONの代表。脚本家・演出家・俳優。

演劇講師や演劇を使ったコミュニケーションワークショップも展開中。

メディアミックスの舞台興行をやりたい。
アニメ・ゲームも作りたい。
神山健治監督が好き。

検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。