スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふがぁいないやぁいあぁ

梅子のYUKIが頭ン中ループしちょぉ。


どうやら、やって来ていたらしい。



鬱気



なんか、やる気しねぇ。
びっくらする。
ヴァイタリティがねぇ。
ともすれば、昼間から酒を浴びるとこだったし、
イライラしすぎて、思わず道端で飛び跳ねていたよ。

叫びたい。
歌いたい
MCしたい。マグネットコーティングじゃない)
ジャニーズ入りたい


テレビでカトゥーンがでてたんすけど。
なんか、羨ましいのよ。

羨ましすぎて、イライラする。
キレそうになる。
泣きそうになる。
なんで、同年齢でテレビ?はぁ?と。



もう東京行きたいよ。
売れたいよ。
ジレッタイよ。
泣きそうだよ。
悶々だよ。
足踏みしてる場合じゃないよ。
こんなことしてる場合じゃないよ。
僕は、22歳までにはメディアで大成するって、12歳頃から思って生きてきた。
いや、せねばならんと信じて生きてきた。
現実の足音が近づく。もうすぐ22歳だ。

なんといわれ様が、ボクは本当にそうなるように生きてきたつもりだった…。



昔の自分が今の自分にプレッシャーをかける。



結局、何も出来てない自分に腹が立つ。
何もできてないわけじゃなく、できてるものが小さすぎることが。

そもそも芸術性なんて概念は持ち合わせていないので、
はなっから、メディア。メディア芸術の系統であるのだが。

選択してきたことに後悔はしないが、今の自分に腹が立つ。
尚更、始末が悪い。そんな自分がモドカシイ。





結局、小市民で終わったら、ボクは、一生酒瓶を片手に生きなくてはならない。

働く意義も見出せず、
飯を食うことが嫌いで、
眠れる場所があれば満足。

恵まれた環境に育った人間であることは重々に承知しているが、
こればかりは環境の産物なので、どうしようもないか?
もっと、退廃した環境に乗り出していったら良いのか?
まぁ、そうなれば、芝居をすることもないだろうが。




という、自己セラピー。
書いたら、落ち着いた。

人様に見せるようなもんじゃないけど、ボクのために残して置く。
だって、わざわざ、メモ帳なんかに残しておくの面倒じゃない。



最後に言えることは、
これからは、「延滞料金」の気分ということだ。
なりふり構っていられない。



「私は、鬼に魂を引き渡してでも、大成という役割を掴んで見せましょう。」


…ああ、俺が一番ハムレット。


スポンサーサイト

無から有。

無から有を生み出すのは辛いことだ。
(本質的には無ではないのだが)


楽しい行程ではあるのだが、生み出すものに絶対の自信がなければ、進まない。

なんつーか、そういう意味では「昔」の脚本の方が、
フラットにそして、十二分に楽しめて、書かれている。

今でも、一番僕の作品の中で一番おもしろいといわれるのが
「SAKURA」なのは、その辺から来てるのだろうか。


もっと、したいこと前面に押し出すかなぁ。
馬鹿なこと前面に押し出すかなぁ。

てゆうか、自分で言うのもなんだが、
「SAKURA」は構成に命かけてるなぁ・と
話が破綻してまでも、構成に重きを置く。
いかんのやろうけど、この熱さが懐かしい。

失敗を恐れない、ドンビーアフレイド的な。
いや、英語の意味違うかもしらん。


今、やりたいことは何かな…。
って思うと、実は「蜘蛛巣城の扉」みたいな、(黒澤じゃないよ)
ド・級のエンタメだったりもする。



稚拙なんだけど、熱い




真たるものは、そういう稚拙さから伝わるもんじゃないかと思うんだけど、
今となっては、稚拙を売りにするわけにはいかんのよね、学生劇団じゃないし。

悶々悶々。

三国無双やりたいけど、さすがに今やるわけにはいかん。



カレコレ、パソコンの前で思案、8時間。
さすがに腰にくる・・・。

気に入らない。

5月、ロクソドンタフェスティバル参加作品のための脚本を書いている。

あんだけ書けない書けないと言っていたが、
実はコソコソ書いていた。
ぶっちゃけ、20ページを超えている。

しかし!気にいらん。
なんか、賞に挑戦するからか、媚過ぎてる。
気持ち悪い。おもしろくない。許せない。



とゆうわけで、データを破棄して一からやり直す!


いやぁ、自分の作ってるもんには妥協したくないじゃない。

人の作るもんには妥協しちゃうんだがね。

それも止めよう。厳しく厳しく。


とゆうわけで、僕は寝ます。
果報は寝て待て、レパのネタは寝て待て。

じゃ、しーゆー

ああああああああ!!

三国無双4猛将伝

「梅皇」を梅子にわざわざ電話してまで、選択を聞いたのに。






セーブし忘れた。




メチャメチャ強かったのに…。
マジショック。
凹む。

神がかり的に強かったのに。ふへあぁ…。

なんか悲しいよ、ボカァ。
嗚呼、なんかもっと楽しい武将作ろう。
梅子のバーカ!!カメラに映りたがらない梅子め!!
俺にセーブさせないとは!!ほんと、このゲームよく出来てる。

63e1e0bfjpeg



仕方ないから、梅子の写真。
しかも、歌ってる。
レア。






ふへあ、次は誰作るかなぁ・・・。

続きを読む

三国無双4

をこれでもか!?!?


ってくらいやっている。三国無双4猛将伝


何に一番はまるかというと、アレだ。

立志モード

何かっつーと、魏、呉、蜀どこかの陣営について、
武将の下で立派なオリジナル副将を作ろう!!平たくいうと武将作成モード。
っていうモード。しかも、裏切りとか、埋毒の計とか、火計とか、伏兵とかもできる。
たぶん伝わってないけど、興奮しとるんだ。ボカァ。


ここで、オリジナルキャラクターを紹介。

?陣仁(ジンジン)
モデル:稜統

なんったって無類の呉好きですから、
まず、呉の稜統の元につく、しかし、火計、伏兵で敵を嵌めまくっていると
蜀の諸葛孔明より、声が掛かる。「あなたの知略に惚れました」と。
天下の諸葛孔明にそんなこと言われたら、蜀に下るさ!!キョウイも居るしさ!!

で、蜀へ。
そんな中、VS呉軍のシナリオで、稜統と出会う。

そしたら、
あんたか、やりにくいな

って言われたよ、音声付で。
いや、むしろ、俺がやりにくいよ。俺の士気が下がるよ。

で、泣きながら稜統を廃し、蜀の天下に貢献しました。
孔明もいい武器たくさんくれたけど、稜統のくれた武器を愛用し続けましたよ。
嗚呼、泣けるなぁ。俺だけか。


?馬刺(バサシ)
モデル:馬超
5917f966jpeg 蜀軍、馬超の元に仕える。
 仁の心に熱い馬刺くんは、きっと蜀であろうと。
  
 黄忠の下でも良かったんだけど、
 馬つながりで、馬超の元で、後に、
 馬超の右腕とまで呼ばれる。
 
 「武」がすさまじかったため、
 他国から様々なオファー及び、埋毒の計を打診されたが、
 義に熱い馬刺は一切、目もくれず。(チャンスは5回くらいあった)
 蜀の天下に貢献し、馬超の元に骨を埋めた。
 

?謝角田(シャカクタ)
モデル:月英
043918c9jpeg 魏、許チョウに仕える。
 ジャッカスは、蜀でもないし、呉でもないだろう。
 しかし、厳しい人の下だと働けないだろうで、許チョウ。

 あまりに働けないジャッカスに許チョが心配して
 技を教えてくれる。やはり、優しい。
 …すると、武が凄まじいものとなり、蜀の月英(女)より
 声が掛かる。…おもわず、ジャッカスは蜀へ。

 運のいいことに戦闘で、一切許チョウに出会わない。
 ひたすら、月英の隣で鎌を奮う。
 しかし、月英は、諸葛孔明の嫁であった…。

 ある時、諸葛孔明より、埋毒の計で、呉の大喬(女)の元へ行けといわれる。
従順な彼は、とりあえず従う、しかし、いざ、埋毒の計を発動せよ・と
命じられたジャッカスは、発動を拒否。大喬(女)に情が映ったのだ。
こうして、ジャッカスは呉に骨を埋めることになる。
ちなみに、大喬は孫策の嫁である・・・。


ふう、三国志にはドラマがあるね。
なんで、永田とか為房を作らないのかって?
だって、体格普通だもん。ちょっと、体格が違った方がおもしろ・・・。
そうそう、身長も横幅もいじれるんですよ~。


現在作成思案中!!
・レストランまさひろ!!…「伍参」→魏・夏候惇の下でスタート。
・小泉梅子!!…「梅皇」→呉・大喬の下でスタート。
・土肥辰也!!…「腐隷奴」→呉・カンネイの下でスタート。
・永田陽介!!…「陽太郎」→呉・周泰の下でスタート。
・為房大輔!!…「田畑飯」→蜀・キョウイの下でスタート。


本当にやるかはしらないけど、「梅皇」だけは作るかな。
じゃ、しーゆー 

続きを読む

いやぁ、京都はすげぇでんなぁ。

吹雪いてる。

そんな吹雪の中、バイクに乗る俺。


マジ、半端ねぇ~。

痛いのよ、ビシビシ顔に当たって。
しかも、風強いし。

超不細工な顔でバイクに乗ってやった。
車の奴らに、「バイクはきついぜ」っつのをアピールしてやったよ。

まさに役者魂だね。

芝居始めてから、自然とリアクションがオーバーになっているのを治したい。
あと、芝居始めてから、独り言が増えた(独白みたいな)
あと、芝居始めてから、本当オシャレの興味が尽きた。

いやぁ、百害あって一利なし。


最近、芝居が憎憎しいぜ。
でも止められない。
熟練カップル的な?



まぁ、全部、脚本書けない言い訳だけどね


じゃ、しーゆー。

寝ても寝ても

寝ても寝ても眠かった。

どんだけ寝ても眠かった。飽食の僕。

つーか一日16時間寝てるのに眠い。

なんつーか、人として死んでる。終わってる。

ネムネムの実でも食ったのかっつー。


しかし、体調悪いのなら仕方ない。
鉄分不足ならしかたない。
野菜不足ならしかたない。
と、思っていた。…それは全部違ったわけだが…

…そんなネムネムの日々、今日で終わった。
何故か・・・?





眼鏡の度が合ってなかった。





無気力な日々からも軽く一脱したよ。
そりゃ、目疲れるよっつー話だよ。


じゃ、しーゆー

特に

書くことはない。


そういえば、ブログ始めて、丸1年経ったような気がします。
いつも、応援ありがとうございます。

いや、誰も応援はしないか

ちらっと覗きに来て頂いて。うん、こっちのが正しい。


わたくし、非常に筆不精


筆不精?パソ不精?ブログ武将?


なんか、最近思うことといえば、
なんで、芝居なんか手出しちゃったかなぁ・っつー話で。

芝居なんて、所詮娯楽なんですよ。
自己表現の場なんですよ。
オナニーから始まるストーリーなんですよ。

なんつーか、しかもその、オナニーの偏屈さったら、ないのな。
常軌を一脱しているとしか思えない!!
だって、事をしながら、ある程度、自らの感情の虜になり切らず、
自らに客観視を求め、相手に見せる時を想像して練習するわけですよ






完全に変態プレイだよ?


もっと普通のことで、抜ける人間だったら良かったよ。


例えば、カラオケとか、ゲームとか、車とか、女とか、酒とか、煙草とか、
それさえ、アレば幸せ的な何か。
まぁ、ないないらないで、まぁ、いいけど的な。




昔、養成所の先生が
「芝居はSEXだ!!」っつってたわぁ。

「それだ!!」と思って身を乗り出した19の夏。
悲しいかな、僕の癖はあの頃から、あまり変わってないみたいだ。





う~ん、まるで「私は童貞です」と体言しているような文章になってしまった…。


じゃ、しーゆー

作家、及び演出家なんて

自分の考えを切り売りしてるだけなもんだ。

すげぇ体験なんて一長一短にはできないから、

すげぇ体験した奴が勝ちだと。
経験がものを言う。


いい女の定義もそこから来ているもんだ。
自慢じゃないが、修羅場は潜り抜けてことがある。
そんなことはどうでもいい。




つまり、すげぇ体験しなきゃ書けないの!
実感のない理論程寒いものはないの!
つまり、僕は今から三国無双4よやるの!
脚本なんてまた今度!!
書けないなんて知らないの!
もう、書かないの!今日は!明日は!明後日は書かないの!


ふぅ、打ってて涙でてきたぜ。
現実逃避って素晴らしい。

じゃ、しーゆー。

今更ながら

真・三国無双2をやっている。

実家で弟のソフトをパクッて来たのだ!!ふはは。
いいじゃん、うちの弟受験だし、今更ゲームとかしてないよ。きっと。
しかもだし。

つーことでやってるわけだが、

ハマルな。

昔は、キャラ育てるのメンドクサカッタのに。
今は育てる喜びっつーの?


母性でも目覚めたのかしら?



まぁ、でも、あんまり時間なくてできないので、
一日、一武将で無双モードをクリアをしとります。
大体2時間~3時間くらい?

これクリアしたら、「無双・4」買いマス。
とゆうか、三国志にはまった。
昔読んだんだけどね、ハマラナカッタんだよ。
文庫でも買うかな。

僕は断然、派だね。


じゃ、しーゆー。

続きを読む

はしゃいで書くのに

飽きた。

つーか、忙しいんだ、わしゃ。

ため息しか出ねぇ。


さて、今週の河瀬さんは?

・映像曲のアップは1月10日
・ダンス曲のアップは1月12日
・そろそろ次の脚本のアップは15日

の3本です。もっとあるけど。今週も更新できるといいね。
ジャンケンポン。うふふふふ。


あ”、ぜっとんの日記更新しなきゃ・・・
HP直さなきゃ。はふんはふん。バグバグ。

京都

ただいま!
京都に帰りました。ああ、こっちのが家って感じがするね。


なんか、実家にいても漫画しか読まないからさ。
まぁ、京都でもゲームしかしないんだけど。

年明けたって感じがしないわぁ…。


京都は好きだなぁ…。
田舎なのに、家が過密してるとこがいい。
家が古いのがいい。


そんな気持ちもあと2ヶ月。
この家は引き払い。

ああ、なんか引越しが面倒になってきた…。

とりあえず、現実逃避を。
じゃ、グッドラック。

謹賀新年

あけましておめでとうございます!!
ジンジンこと河瀬仁誌です。


つーわけで、明けちゃいましたね
2008年、午前2時。年明け一発目に自宅のパソコンの前からお送りします。


まぁ、家(愛知)の近所には寺があって、
並べば誰でも除夜の鐘を鳴らすことができるんですが、




今も鳴ってる。(現在午前2時)


やめて!
108煩悩が年を越してやってきてる
人が大量に並んでるんだろうなぁ。
そもそも、108以上鳴らしてるんじゃないかと、あの寺。

昔、鳴らしに行きましたよ、その寺に。
そしたら、帰り道、新年一発目に放し飼いの犬に追いかけられましたよ。
当時は犬より早く走ったという。完全にトラウマ。





つーことで、(全然関係ないけど)
年賀状を書かないボクが珍しくイラストを書きました。

趣味にイラストって描いてるのに。全然載せたことないし。
「本当に、イラスト描けるのぉ?」って思われても癪だし。
まぁ、ぶっちゃけ、そんなの「どうでもいい」でしょうが、
年賀状代わりだと思って…







071231_2106~0001.jpg











あー、嘘、嘘


071231_2229~0001.jpg080101_0139~0001.jpg










あー、下手やなぁ。パース狂い捲くり。
恥ずかしい。
じゃあ、載せるなよ!って話だが、

大丈夫、このブログは自己満足だから!!


新年一発目から、言い訳でスタート。
とゆうわけで、今年も劇団ZTON
ジンターテイメンツ!!
宜しくお願い致します!!

じゃ、しーゆー。
公演情報
▼劇団ZTON
2015年
【脚本・演出】
劇団ZTON1967
『狂犬』
1月20日(火)
@インディペンデントシアター2nd

【脚本・演出】
劇団ZTON vol.11
『オルタソフィア
  -憂国の革命因子-
3月12日(木)〜14日(土)
@京都府立文化芸術会館

▼電子書籍
Amazon[kindle版]
「天狼ノ星」<天の章>¥472
「天狼ノ星」<地の章>¥472
「王の血脈」
¥472
twitter
プロフィール

河瀬仁誌

Author:河瀬仁誌
京都・大阪を中心に活動する劇団ZTONの代表。脚本家・演出家・俳優。

演劇講師や演劇を使ったコミュニケーションワークショップも展開中。

メディアミックスの舞台興行をやりたい。
アニメ・ゲームも作りたい。
神山健治監督が好き。

検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。