スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次元の話。

1次元のモノが点で。

2次元のモノが線で。

3次元のモノが立体で。

4次元は、そこに時間軸が入る…のか?


さっぱりわからないけれど。
個人的観点で意見を述べるならば、

2次元が漫画で。

3次元+4次元が演劇で。

2次元+4次元が映画(アニメ)だと思うのです。
(どれだけ3Dでも、見る人にとっては2次元)

そして、河瀬には、時間を整理する脳がないのです。
5次元に何が加えられるのかは知らないが、
5次元の人々にとっては、「時」という概念が、
日常的にフレーム内にあり、好きに変動させることができるのだと思う。
我々、4次元の人間が「立体」を好きに造形できるように。


これって、映画じゃないのか?
てことは、人は、5次元的に編集を重ねて映画を作る。
人類、恐るべし。


まぁ、それで、演劇の話に戻るんですが、
まぁ、「立体」の上で人は演じるので、
3次元を体感できる、唯一の方式ですわな。
ぶっちゃけ、どこから見てもいいわけだし。

ほいで、まぁ、5次元的な編集はできないけれど、
4次元をリアルタイムで見ることができる。
という、ライブ感があるわけだ。


やっぱ、芝居をやる以上は、
芝居にしかできない「表現」というか、楽しみが欲しいよね。
「円形舞台」とか、「ノンストップ一幕場」とか。

そう思うと、僕のは殊更、映画に…。
アニメに近い…。


というわけで、ただの堕文でした。

続きを読む

スポンサーサイト

おわた

ふう、改稿してやったぜ。

今回の改稿は、なかなかやる気にならなかったのが一番きつかったぜぃ。

寝てないぜ!眠いぜ!
今寝ると、稽古OFFの意味なくなるぜ!

マジで嫌だぜ!
(現在、朝10時)


ああ、焼肉食いたい。
とりあえず、ロクソで100万とれてたら、
チファジァで焼肉だな。


とらぬ狸の皮算用。


今日、野球したら、筋肉が飛ぶな。
野球したい。草野球したい。


でも、やっぱ、眠い!!

つーか。

ジンバブエが220%インフレらしぃ。

日本では、物価指数が1、9%アップ。



経済のことはよう分からんけど、
日本も終わるんじゃないかと思うね。

つーか、終わったらいいとも若干思っている節もあるがね。


問題はそこじゃなくて、


一言で言うならば、こんな時代に「演劇します!」
なんて、平和ボケェしたこと言ってていいのか・と
常々思っていたりする。

言うてしばえば、経済打撃を受けている層が、
客層なわけでしょう、演劇なんてもんは。

そら、シェイクスピアの時代の演劇の
需要は貴族相手でしたから、
ガツガツ金かけたらいいわけですよ。貴族に払わせたらいいのですよ。


でも、演劇のターゲットが今では、一般の人々で、
その人たちに高いチケットを売りさばく!!
なんぞ、阿漕な商売だと、思ってしまうんですなぁ…。

劇団☆新感線とか見に行きたいけど、
10,000円なんて観劇料金をどっから捻り出すんだよ?的な。

いや、行きたいけどさ。




別に金が欲しくて芝居してるわけじゃないけど、
芝居のことを考えて生き続けることができたら、言うことはないっス。
だって、働きながらだと難しいじゃない。芝居って。
本番あるし、脚本書かなきゃだし。
何より、過眠症だしな、俺。

最近のme

最近な俺。

一昨日。
稽古。祇園祭りを横目に見ながら、稽古場に行き、帰る。
「そもそも、祭りが好きな人間と我々は人種が違うのではないか?」
と、レストランと討論を交わしながら、
大雨に降られる。

その後、夜中の12時から、
何故か、レストランと2人で、ガンダムSEED、運命の総集編DVD
をわざわざ借りに行き、計7本を見る。

主人公の不憫さに。
強化人間の滑稽さに。
よくできた女たちに。
童貞臭い主人公に。
展開のおかしな話に。
声優やってるTMRに。
仮面の人に。
シャアの声に。

10分に一回は大爆笑をしながら、
12時間ノンストップ、アニメ祭りを敢行。
…寝る。


昨日
OFF。
祇園祭りに出かける。
昨日、「人種が違うのどうだの、散々いいながらも」
気がつけば、4000円も使い。
最後にはカキ氷を食べ、すっかり満喫してしまう。
いや、正直、ここまで、普通に溶け込むとは思わなんだ。

新風館に、ファンキーモンキーベイなんちゃらが居て、
ライブやってたが。観客のノリにドン引きした。
途中から天井のPARライト見てた。
バンドだったら、多少違ったのか。

ファンがノリノリで引くとか初めてでした。
いや、ホント、ドン引きしました。
単純に、ラッパーのノリが嫌いなだけかもしれない。
バンドは好きなんだけどなぁ。


後、散髪式。
家の玄関で。
しかしながら、本日、誰も何も言ってくれませんでした。


本日。

仮通しに向けて、全シーン通し終わり。
まぁ、今度のソレを見て、改稿部分を決めるのです。
いやぁ、ちゃんと言った通りにやってもらえるのか?!

これが意外と心配ですね。


明日。
会合。イロイロ。
あー、怖い怖い。



じゃ、頑張って生きるよ、しーゆー。

ダニでアース

足を刺されたでアース。

痒いでアース。


でも、ボクの足を見た人は、それはダニの仕業ではない!

と言うでアース。



どうやら、南京虫という話でアース。

ダニアースが利かないでアース。


バルサン!!



これで、虫の城は崩壊でアース。
問題としては、金族もやられることでアース。

アース、アース。

続きを読む

夢を見る。

えーと、この前のブログで

コードギアスR2つまんないって言ってごめんなさい。
いや、見てない3週間分くらい見て。

もう、駄目だ…。


という感じですな。
来週からは必ず見ますので、
どうぞ、ご容赦を。
特に、りゅーじぃ。
(今回、客演の天川隆士くん。氏は○タク)


全然、関係ないけど
ボクは、眠りが浅くて、1日に2、3回夢を見る。
で、なんか不足の事態が夢の中で起きると、

夢の中で、時間が逆行して、
もう一度、同じところをやり直すことができるという
能力を持っている。
(目を覚まさずに、眠ったまま)

これって、ギアスに似ていよう?

ほんと、そんだけ。
ルルーシュみたいな世直ししたい。

じゃ、しーゆー。

栄光レストラン

毎週月曜日は…?


レストランの日~!!


つーわけで、レストランに無許可で行う、
レストランについてのお話。

本日は、栄光のレストランについて語ろうと思います。
いやぁ~、本気で嫌がりそうですね。

まず、レストランまさひろ氏は、月光斜、ボクの2つ先輩の代ですから、
一浪のち、2002年、立命館大学法学部に入学。

何をとち狂ったのか
立命館大学のサークル劇団月光斜に入団。
大学からの演劇生活の始まりでした。

後後、月光斜に入らなければ、もう少しまともな人生だったろうに
と半分くらいの出身者が言いますが、レストランもそんなことを
たまに言います。笑いながらなので、多分3割くらい本気でしょう。

して、レストランのデビューは
2002年の卒業公演「メイシュンの樹」でした。

meishun.jpg 月光斜のHPより拝借。
 
 当時の月光斜は全盛期!!
 この公演の観客総動員数は877人と
 歴史的な数字を記録した。
 公演でもありました。
 (現在も破られておらず)


そんな黄金時代にデビューを果たした。レストラン。
当時の芸名は、五味正洋。本名でした。
本名晒してやりました。万歳。役は村人5でした。地味。

そんな月光斜の黄金時代とは裏腹に、
レストランには冬の時代がやってくる…。

この公演以降、レストラン氏はスタッフとして参加するものの、
役者として参加していない。丸1年、3公演である。

そう、氏は、役者落ちという、怖ろしいトライアルシステムの中で
もがき続けるのである。

(学生劇団最大規模の集客を誇る劇団月光斜。
もちろん、人数も多い。望んだ者が全員役者できるはずもない!
そこで、公演序盤にオーディションが課され、
それをクリアした者だけが出演できるのである。
演劇界の最下層でも怖ろしいシステム。
ボクも、一回、これで泣いた。)


レストランいとっては地獄の日々だったろう。
しかしながら、副産物として、スタッフである舞台造形は怖ろしいレベルアップを果たした。

そして、1年後、エンタメ作品。
/net」でレストランの時代が到来する。

slash01.jpg
  2003年卒業公演「/net」
  2回生のレストランは「火壁防人」を熱演。
  ファンがちらほらできて、
  噂では、火壁のかっこよさに
  失神した女子もいたのだとか。
  そんなことはないか。


以後、レストランの劇団月光斜内での株が急上昇。
一躍、レギュラー役者入りを果たした。

そんな歴史の駒たち。
photo13r.jpglock005.jpg21r.jpg








五味正洋+1へぇ         五味正洋              五味正洋+1ルック

ひゅ~、2枚目だねぇ。レストラン!
いや、本人本当に嫌がりそう。

たまに乳首だしてましてね、レストラン。
他にも苦渋の時代には、+1とか、+1hpとか、+1(消滅)とかあります。


そして、2005年のレストラン氏の卒業公演。「東京メトロ
(ボクは2回生)

metromini.jpg これで、主役を果たすレストラン。
 当時の芸名は五味正洋+1年

 後、見事5回生になりました。
 
 そういえば、この頃は、結構な頻度で
 レストランと酒呑んで、
 芝居論を熱く語りました。


1年後、ボクは劇団ZTON旗揚げ。
その時には、客演にレストランを呼んだら、
もう既に「レストランまさひろ」でした。
どうやら、氏は、必死に授業を取っていたようです。

それまでにも、丸太町ONマイライフという劇団に出ていて、
そこで既に、「レストランまさひろ」と名乗っていたわけですねぇ。

そして、その半年後、
レストランまさひろ主宰劇団、似桜花を旗揚げ。
とゆうか、まだ旗揚げ公演をせず、
ずるずると1年が過ぎ。



正直、いつするんでしょう、旗揚げ公演?


おまけ。
080706_1727~0001.jpg
  舞台技術をもっつ作りあげた。
  レストラン専用スノコベッド

  キャスター付きなので、乾燥も簡単!!

  ご注文は、
  「ジンターテイメンツ!!」
  週刊レストランの係りまで。

わ~い!

♪わ~い、2万だぁ~
 大洲ういろうの時間だ~

♪白黒抹茶上がり珈琲柚子桜
 青柳ういろう~

20000ヒットの喜びが、
名古屋のういろうを彷彿とさせた。


まぁ、こんな感じで、薬やってるかやってないか
わからんテンションで今後も行きます。

どうぞよろしくアース。

ART COMPLEX 1928という処

たまには、、真面目に語ってみよう。と、思う。

てゆうか、制作さんに演出構想をよこせと言われているが、
そういうのホントに苦手なので、とりあえず、
フラットな形で語ってから、まとめることとしよう。


ボクは、大学入学と同時に京都へやって来た。2004年のことだ。
大学内サークル、劇団月光斜に入団し、
2004年度夏公演「バイバイゲーム」で、苦々しいデビューを飾り、
(本番中に舞台裏で嘔吐)
早く、卒業公演をやりたいと切に願いながら、丁度、卒公が始まる時期…。

そんな時に、月光斜の先輩であったモカさんこと岡村明日香という人に
「今度、音響をやるので見に来てよぉ」とお誘いを受け、(ボクのスタッフも音響なので)
先輩の神川誠という、人と見に行った公演こそ、

当時、ART COMPLEX 1928でやっていた。
劇団SHOWDOWNさんの「Dragon Spirit

そう、かの蜜比呂人さんが主役のアレだ。
初めて、こういう劇場で見た、エンターテイメントであった。

当時の月光斜も割りとエンタメ食は強かったけれど、
2003年の月光斜はエンタメ全盛期の時代だったらしいが、
もはや、エンタメから違う路線にスイッチングが始まってした上に、
かつての時代を模倣的にやる時代で、出ていてなんだが、
おもしろくない脚本も多かったと思う。

いやぁ~、泣きそうでした。演劇で泣くなんていう感覚は初めてで、
必死になって堪えていた思い出があります。さんの独白シーン。

そこで、思った…。いいなぁ。
いつかART COMPLEXで演劇したいなぁ。
こういうところで演技したいなぁ(当時は、役者志望でした)
蜜比呂人さんと知り合いたいなぁ。
と漠然と思って、終演後の蜜さんに話しかける勇気もなく。
帰りました。ハイ。

そこから、ARTにちょこちょこと公演を見に来ることがありました。
で、2005年辺りから、あまりARTに見に行かなくなって…。


そして、2年前の2006年夏
ボクとしては、3回生となり、演出やったり、役者やったり、イロイロバイタリティに
富んでいて、丁度、劇団ZTON旗揚げに向けて動き出したのもこの頃で、
その時、ART COMPEXでやっていた芝居が

THE RABBIT GANG TROUPEさん×SHOWDOWNさんの
幸せの鐘が鳴り響き 僕はただ悲しいふりをする

で、これには、今回出演してくださる。
上田直人さんとか(上田さんの劇団だしね↑)、当時は火ノ鳥だった酒井信古くんとか
出てましたね。もちろん、さんも。


で、何より一番悔しかったのが、客演さんでねぇ。
ちょこちょこ、僕と同じくらいの年代の人が混ざっていたんですよ、客演に。

「自分と同じ年代の人がARTに!!」、って思ったら、
自分は何やってるんだろ?とか思ったりしましたよ。
月光斜出身の近い範囲での偉人のなさを悔やんだりもしましたよ。
何というか、自分も出たかったというのが、何より在りました。
とゆうか、3年の夏まで、客演したことなかったんですねぇ。実は。


ようやく、出た公演が、丸太町onマイライフの解散公演(笑)だったんですねぇ。
先輩、デフレスパイラル鎌田氏の主宰する劇団でした。

そこで、「阿修羅乃華」に出演して頂いた、
飛び道具の平貴之さんと知り合ったという感じでしょうか。

そこから、2007年4月に「しぐれ-shigure-
これで、たぶん、京都演劇界にデビューしたような、公演になったんだと思います。
2回目の公演ですけど(笑)
であれよ、あれよと、今回が第5回目の公演というわけで。


2年からやりたかった題材でして。
遂に満を持して、登場というわけで。

そして、夏!!

ART COMPLEX 1928!!


どれだけ、燃えてる感じか、分かりますでしょうか(笑)
言うてしまえば、4年越しの恋。成就に向けて
ラストフェイズに向けて飛び出しているわけであります。
そういう感じです。心境としては。


ちなみに、今の恋としては、
小栗旬くんと知り合いになって、演出をつけること。

市川染五郎さんに、「そめさん」と呼べる間柄になること。



う~ん、病気ですかね?

まぁ、でも、2004年当時は、蜜さんと話すことが、
同等くらいの価値観だったから、やるしかないだろうさ。


じゃ、しーゆー。

ガンダムOOの予想をしてみる。

今日は、オタクな気分だよ!!



コードギアスR2を見なくなって早、3ヶ月。

失敗だよぉ、失敗だよ、サンライズ!!
セカンドシリーズなんてやっちゃ駄目だよ!!

SEEDの時に痛い目みたじゃん!!


と、まぁ、こんなネットの偏狭で叫んだところで、
どうにもならんし、

新しいガンダム作らせてくれ!!
って結構、マジで思ってるけど。
どうにもならんわけで。

つーか、クロスボーンX、アニメ化しといて欲しいよね。
富野さんが亡くなる前に(失礼か…)
単に、動いてるキンケドゥが見たいんだ、俺は。




つーわけで、ガンダムOOを予想してみよう・と思う。
まぁ、誰が徳するってわけじゃないけど、
当たってたら、証拠になるじゃん。
ホント、それだけ。


かなりの初期段階からロック・オン死亡説を唱えていた自分としては、
なんとしても当てて行きたい処。

続きを読む

このブログって

昔から、薄々感じていたが、

俺って、ブログに日々のことを書いていない!


なんか、思想とか、思い出とか、語るとか。そんなんだけ。
まぁ、いっか。大したことしてないし、と思いつつ。

プロフィールの写真を金パツだった頃の…。
なんか、人気あった頃のにしていみた。

そういや、回想もしときたいなぁ。
自分の整理のために(笑)


結局、日々のことは書かないのかしらね。

まぁ、家が崩れたら、喜び勇んで更新するかな。

生態レストラン

まずは、「レストランまさひろ」という男について語らねばなるまい。


5522da74jpeg











はい、どん!

本読んでるレストラン。オフショットですよ!!
現在、25歳。2月6日生まれ。水瓶座。
なんと、ボクと誕生日が一日違いなんですねぇ。


まぁ、一言で彼を言い表すならば、「黒い」。
色が。日に焼けてないのに「黒い」。

一時、更に黒くなっていく、レストラン氏を見て、肝不全じゃないのか?
本気で心配したりもしましたが、いたって健康のようです。はい、多分。


そうそも、ボクとレストラルの関係は先輩・後輩である。
月光斜時代の。
もちろん、レストラルのが先輩2つも先輩
なのに、ボクと来たら、ブログのコンテンツにするという暴挙っぷり、
いや、尊敬してるんスよ。イロイロな意味で。


現在、れすとら~んは、
劇団似桜花の主宰であらせられる。
そして、劇団ZTONの公演にすべて噛んでいる。
これはこれで、すごいことだと思う。感謝しております。

そして、何より、ボクの部屋の隣に住んでいる。
85ba0172jpegf27b1177jpeg










↑ボクの部屋             レストラン↑

という、完全なる隣人。
ちなみに、レストランの部屋のみエアコンがない。ボクの部屋にはあります。
更にちなみに、ボクが入ったのが、3月、レストランは5月と
タイムラグはあるのです。

昔から、レストラン~ンと芝居論について熱く語り明かしたりしていたので
この家で、行われるかとも思われていましたが、
意外と、下品な下ネタ会合、もしくは、七輪パーティーで終わるのです。
最近は、ここに麻雀が増えました。



こんな、完全身内の雰囲気の中、
ボクは、レストランを売り出していこう!!と
決意を新たに、書き綴っていくのであります!!毎週!

非常に、シビアな決意↓

続きを読む

結局、書いてない。

毎日なんて、書けるかぁ、ボケェ。


とまぁ、逆ギレで始まったものの。
特に書くことはない…!!?


まぁ、昨日は、
劇団ZTON vol.5「月黄泉ノ唄」の討ち入りがありまして。
朝帰りをしました。はい。昼まで寝ました。はい。

いやぁ、なんでかね、討ち入りって書いちゃうんですよ。
「うちいり」って打ち上げの反対語だと思うので、
漢字にすると、打ち入りなんだと思うんだけど、
ついつい、「討ち入り」と書いてしまう。


なんかね、テンションあがるじゃん。
討ち入りのが。


まぁ、それで、全然関係ないんだけど、
ボクの家の隣には、
今回客演で出て頂く、
レストランまさひろさん氏
部屋が
あるんだけれど。
(ボクはめぞん一刻みたいな家に住んでいる)

Rまさひろさんの生態を綴っていくコンテンツでも作ろうじゃないかと
もちろん

勝手に。
思うのですよ。


これが一番おもしろいんじゃないかと。
うん。これだ。これに決めた!!

怒られたらやめよう。うん。

じゃ、しーゆー

ダルい

夏バテたよ。

だるいよ、眠いよ。

まぁ、年柄年中そんな感じではありますが。


おめぇ、いつになったらコンテンツ始めんだぁ?
っつー話はモットモですが。

まぁ、リハビリ期間っつーこって。
いいじゃない。


つーか、何でもいいじゃない。

なんたって、暑いんだもの!!

京都暑い洒落にならん。

ども、河瀬です。


つーか、暑いわ。京都の夏。…まだか?
ブログ書いてる場合じゃねぇもん。


私め、小旅行に行って参りまして、
現地が涼しかったから、電車から京都に降り立った瞬間、

「暑い、死ね」


と口走る。


とても旅行帰りとは思えない毒毒しい、発言をしてしまった。
家に帰るまでが、旅行だとするならば、
この発言は失策である。

また、写真でも載せるさ。


つーか、現状として、
エアコンを使うべきが、使わざるべきか。
ハムレットばりに悩みに悩み抜いているわけで。

いや、しかし、今、エアコンたるものを使えば、
残暑の厳しい京都で、日干しになることは必死。

汗をだらだら流しながら、パソコンをうつ男。河瀬仁誌。

これが、果たして、人類の進化の形なのか、
際どいラインではあるよね。

そんな人類文化学的見地から、しーゆー。

つーわけで。

テンプレート変えてみた。


いや、ちゃんと更新するぜよ?

っていう意志表示ですがな。


つーわけで、コンテンツ考えてみた。

1、歴史の小部屋

~なんか、俺の好きな時代、今後ぜっとんで扱いそうなor扱った時代を
好き勝手語って自論空想歴史を展開する。

2、コラム

~なんか、テーマ決めて、好き勝手論じる。

3、The 昔の俺。

昔の公演の思い出についてグーたら語る。

4、アニメを語る。

ホントに熱く語るよ。


いや、マジ、コンテンツとかしらねぇんだけど的な
手厳しいツッコミはなしで。


まぁ、どれもいらないっちゃいらんな。正直。


なんだ、ブログが自暴自棄なのがいかんのか、俺!?

ま、そんなに考えてないけど。


じゃ、しーゆー


公演情報
▼劇団ZTON
2015年
【脚本・演出】
劇団ZTON1967
『狂犬』
1月20日(火)
@インディペンデントシアター2nd

【脚本・演出】
劇団ZTON vol.11
『オルタソフィア
  -憂国の革命因子-
3月12日(木)〜14日(土)
@京都府立文化芸術会館

▼電子書籍
Amazon[kindle版]
「天狼ノ星」<天の章>¥472
「天狼ノ星」<地の章>¥472
「王の血脈」
¥472
twitter
プロフィール

河瀬仁誌

Author:河瀬仁誌
京都・大阪を中心に活動する劇団ZTONの代表。脚本家・演出家・俳優。

演劇講師や演劇を使ったコミュニケーションワークショップも展開中。

メディアミックスの舞台興行をやりたい。
アニメ・ゲームも作りたい。
神山健治監督が好き。

検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。