スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この戦いが

私にとっての

桶狭間なんじゃないかと

思うのだ。
スポンサーサイト

長らく

5月から始まった稽古も

ひとまずは、ここで打ち止め。



今日が最後の稽古日となりました。l


もうやるしかねぇの一言で。


燃えている、燃えているよ。今回。



売れるのよ。売れるしかないのよ。



おもしろいよ、おもしろいことやるしかないのよ。



全身全霊を込めてお送りする劇団ZTON

劇団ZTON vol.7
『曲亭馬琴の憂鬱』

脚本・演出/河瀬仁誌
原作/曲亭馬琴
    「南総里見八犬伝」

2009年8月
27日(木) 15:00-
28日(金) 15:00-
29日(土) 15:00-
30日(日) 13:00-

一般/前売 1,800円
     当日 2,000円
     2作セット券 2500円

@ART COMPLEX 1928
(京都・三条)


劇団ZTON Project T vol.2
『狗神エイト』

脚本/滝沢信乃
演出/河瀬仁誌
原作/曲亭馬琴
    「南総里見八犬伝」
     ウィリアム・シェイクスピア
    「マクベス」

2009年8月
27日(木) 19:00-
28日(金) 19:00-
29日(土) 19:00-
30日(日) 17:00-

@ART COMPLEX 1928
(京都・三条)

全身全霊で、おまちしております!!

そういえば

今日でしたね。


ルビコンの決断。


さっき、人のmixi見て思い出した。


その時間普通にダウンタウンDXをつけながら作業してたよ。




まぁ、明日職場行ったら、わかるし。
プロダクションみたいなもんだし。
きっと、録画くらいしてるだろうて。



ところで、私は、ブラウン管に移りましたか?
はたまたデジタルでしたか?

これは・・・

やばい。

時間が足りない。

物理的に不可能。



河瀬仁誌の睡眠時間。


どうか、1日3時間は睡眠を。



こんなん書いてる場合じゃないんだってば!!

でも書いちゃう切ないお年頃。




あああああああああああああああああああああああああ。


間に合うのか!?間に合うのか、

小屋入りまでの、俺の全仕事。



これだから、普通に働くのは嫌なんだ!!

一番大事なものに、

時間が割けない!!

秋か

今年の夏、

寒い。


夜が。

今日が?


とにかく、もう秋の香りがしたのよ。

わかるかなぁ、京都特有の秋の香り。



この香りは、ちょっとオセンチになるのよね。



ここで、俳句なんぞ
さらっと書けたら、


なんと風流なことでしょう。


そういうスキル欲しいにゃぁ。




そういや、久々に会った梅子さんは、
太ってました。食欲の秋ですね。

廃れ

そういや、かつてのジンターテイメントは

日に、70人以上の人が訪れてくださって、

当時の稽古場ブログよりも人が来てて、


いまでこそ、アクセス数爆進中の「こよこよ☆ねっと」も

当時は始まったくらいで、

「ジンターテイメント」は劇団随一のブログだったのに。



廃れたなぁ。


うーん、やはり、怠慢な性格がいけないのかしら。

だってぇ、おもしろいことなんてそうそうないんだもの。



いいのよ、もう、

そういうのは、

だって、僕は、裏方だから。



あ、でもテレビ映るかもしんないけど。


8月20日(木)

22時00分からの「ルビコンの決断」 

テレビ東京系列

エキストラね。一瞬ね、一瞬。



まぁ、でもADをやらせてもらったので、

フレーム外には、いましたよ(謎)

カットされてたら、しりませーん。

むふぅん

DVDの映像特典を作ってみる。

アレだ。
内緒だ。
しかし、映像は難しいうえに、重いので。
なんか、だるい。
あとは、映像の人に任せよう。
うん、後は頼んだ。




さて、
芸術性っつーことで、
いきなり話は飛ぶのだが、
芸術性というものに触れようと思う。

とりあえず、ルーブル美術館に行きたいのだ。


とはいえ、僕自身
芸術というものがいまいちわからない。
芸術ってなんだよぉ。


僕の中で、
これが、芸術だ!!
って思えるものは、
たまにはあるけど、
すぐ飽きるのよね。
しかもそんなに残らないし。


それって芸術って言わないんだよねぇ?
う~ん。

あとねぇ、
時間軸が混ざると、
展開が速くて、
…う~ん、普遍的でない事象が多すぎて
芸術の概念がますます
よくわからなくなる。




ようは、あれだ。
僕には、1点カメラが限界だっつことで。
おやすみ

ううぅ

寝れない。

明日も朝から仕事なのに。
いや、仕事っつーのは嘘だ。バイトだ。


僕は、自分の好きなことで
お金貰っているものを仕事と呼ぶという流儀がある。
好きじゃないことで、お金もらうのは、バイト。
まぁ、何より、福利厚生ないしね。


早く、劇団を仕事にしないとな。


最近、こういことしか書いてないや。



節に、疲弊していくな。
すげぇな、こんな生活続けてる人は。






あ~、自分の好きなことをやるには、お金がいるし、
お金稼ぐためには、自分の時間がなくなって好きなことが
できましぇん。


私、どうしたらいいのよ。
寝てやる!明日も労働基準法の時間完全オーバーして
働いてやる!そのあと、稽古してやる。
畜生!

ブログが俗っぽい!
俗っぽ過ぎて、
こんなん、エンターテイナーじゃないよ!うわぁああああん。
公演情報
▼劇団ZTON
2015年
【脚本・演出】
劇団ZTON1967
『狂犬』
1月20日(火)
@インディペンデントシアター2nd

【脚本・演出】
劇団ZTON vol.11
『オルタソフィア
  -憂国の革命因子-
3月12日(木)〜14日(土)
@京都府立文化芸術会館

▼電子書籍
Amazon[kindle版]
「天狼ノ星」<天の章>¥472
「天狼ノ星」<地の章>¥472
「王の血脈」
¥472
twitter
プロフィール

河瀬仁誌

Author:河瀬仁誌
京都・大阪を中心に活動する劇団ZTONの代表。脚本家・演出家・俳優。

演劇講師や演劇を使ったコミュニケーションワークショップも展開中。

メディアミックスの舞台興行をやりたい。
アニメ・ゲームも作りたい。
神山健治監督が好き。

検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。