スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いとおかしきこと

月日は百代の過客にして、行きかう人もまた旅人なり。



うにゃ、こっちじゃねぇ。
素で間違えた。



春は曙。



こっちの感じ。



夏は、暑い。
梅雨はどこ行ったと思った矢先
雨が降る。
傘がない。
オワタ。


私は弟の家に乗り込んでいる。
洒落にならぬほど熱い部屋。
節電を意識すれば、
朝にはミイラ。
部屋が、サウナにひけをとらぬ。
節電なんぞ、ぬるいことは言っておれぬ。
一斉停電で、オワレル。


弟の風呂。
温度機能調節がない。昭和な家。
シャンプーがアジエンス。
きゃつは、彼女募集中。
謎だ。
確かに、今日の私の髪の毛は若干、サラっとしている。




弟のPSP。電車の中でやる。
ディシディアⅡ。
FFⅣよりカインが参戦。
早速裏切る。
そうして、PSPも裏切る。
予告なくフリーズするのだ。
解せぬ。勝手に持ってきたのに。




晴れての小田急通勤。
田園都市線に比べて、地味に空いている。
そして、かわいい女の人が多い。
河瀬は、東京では、路線により女性のランクが変わることを
うすうす感じてはいたが、
確信した。
「小田急線の女性はかわいい!」



一宿一義で、
弟に飯をおごる。酒をおごる。ことにした。
しかし、弟は、レポートの締切次郎を次の日の朝に控える
猛者であった。しかもこのご時勢に手書きである。

「自己責任」とう言葉を並べ立てたら、
「行く」と言う。
さすがは、河瀬弟である。
ワインをしこたま飲んだ。
イタリアンファミレス万歳!福島農場万歳!


余談ではあるが、明け方弟氏は、
レポートを完遂させた。
兄は、ぐーぐーと寝ていた。いとおかし。
スポンサーサイト

いろいろ予定通りにはいかぬ。

まずはじめに、

(ほぼ)細君が、入院してしまわれた。
食中毒に限りになく近い、胃腸炎である。
彼女の食事は、点滴である。
胃以外は、元気そうなので一安心である。




タイムリーなことに、

「たけしの本当は怖い家庭の医学」的なサムシングで、

「環境ストレスで胃が逝く」

と言っていたので、

6月の頭に部署転換になったことが起因しているのだろう。

哀れ。某チケット会社。




そんなことで、今日の河瀬は、
仕事をお休みし入院手続きとか
看護士さんに説明を受けたりとか、
着替えを運んだりとか
をした。

入院が決まったのが、
昨晩の夜中の2時過ぎであったので、
てんてこまいまい。ふぅ、できる男はつらいぜ。




とか、言いつつも、実は1年半ほど前に
2009年12月25日~1月4日くらいにかけて。

私も、
全く同じ症状で、同じ病院の、同じ階に入院し、
細君に、同じ苦労をかけたのでお互い様である。


2010年の夜明けは、
病室で過ごしたという謎のプレミアム感。



見舞いに来ていた、うちの親と細君は、
点滴につながれる私を置いて、
高級な食事を食べに出かけた事実。



隣のベットのじいさんが、緊急で連れていかれ、
戻ってこなかった、恐怖!





以外にも、悲惨なことは多々あるが、
こんな重大なことを
ブログに書かぬとは、おたんちんめ!


あの時は、逢坂に引っ越してすぐで、
2~3カ月くらい休みがなかったなぁ…。






そんなこんなで、
細君の母君が、江戸へ来訪されるということで、
私は、家を空けねばならん。
面会時間とかもあるので、分単位のスケジュールである。



近くに住む、弟河瀬の家へ押し掛けることにきめたのだが。


まずいのは、締切次郎たちである。

事務的な締切次郎であったり、
作品的な締切次郎であるため、
落とすわけにはいかんのである。


自分で決めた締め切りを落とすことほど、
しょーもないことはないので、





やるしかあるまい。これは、同時に団員たちへの戒めでもある。


ただし、上記のことに関して、
脚本の件については、例外とする。
こうやって、代表は堕落するのである。

青山円形劇場

思ったよか、狭い!

そうか、僕が前に見たのはでっかい方のホールか。

子どもの国的な施設にくっ付いてるんだけど、

この予算は、どこから?と思うほどでかい建物でしたな。



客席は、160席。

僕の、5個横くらいに「いのうえひでのり氏」がいたっぽい。

円形だからね、3列しかないのね。

1列、50席だからね。結構な近さよ。

「粟根まこと氏」出てたからね。



まぁね、「cloud-クラウド-」っていう、

ウェブの方の、小難しい話になってたよ。

テーマ自体は、好きだし。話もいいんだけど、

演技がなぁ、好きじゃないなぁ。

エンターテイメント性が、あって見やすくはなってるんだけど、

これ、エンターテイメント性が必要か?

みたいな。



東京で、演劇やる以上

こびない芝居なんてうてるはずがないから。

しょーがねーんだけど。



京都っぽい、演出だったらおもしろいのになぁ。

と単純に思ったよ。

一般の人が見ておもしろいかおもしろくないかは、

知らねぇーけどな。

アリューシャン列島

また地震だって、M7.2だって。

太平洋プレートは、はしゃぎ過ぎだろ。

落ち着け!まず、落ち着け。



ということで、
落ち着いて、
6月のWSの総括でも書こうかな。
6月は、あと1現場あるけどさ。



6月 
東京都小学校
1コマ目   先輩ファシリテターのアシスタント。
        そういえば、対小学生に関しては、
        僕はこの人のやり方を頂いている!と感じた。
2コマ目   良き良きアシスタント。
3コマ目   講師。ホームラン。
        先輩の前で、大いに羽ばたいた姿を見せれいがった。
        何より、スーパー児童。君らのおかげだ!

群馬県高校  講師やりつつ、アシスタント。
         高校生は難しいなぁ、自分のパートは、ファールチップ。
         先輩の講師から、技を盗む。

静岡県高校  半講師やってた。辛くも一塁打。
         ゴロが内野安打になった気持ち悪さ。

東京都小学校
4時間連投  アシスタントメインだから、特にない。
         ああ、講師やりたかった。
         帰りに寿司食った。

群馬県高校  ぶらぶらアシスタント。

神奈川県高校 講師みたいなぁ。ギリ1塁打。
  
栃木中学校  講師。前回のホームランのクラスだったから油断した。
         暑さに負けた。ドラマケーションの敵は、
         夏将軍と冬将軍。暑いとみんな動かないわ。
         1塁打、無理矢理内野安打にした。

福島県高校
昼間     講師。来ました2塁打。
       生徒に助けてもらいました!
夜部     半講師。疲れてた。ゴロだな。



ワークショップってのは、こっちの心身に
とても、影響されるので、事務なんかやってる場合じゃねぇと
激しく思う次第であります。



最近のファシリテートは、

僕がお世話になってる某エンタメ劇団の主宰を劣化コピーしております。

これが、意外と言うこと聞くんだよ。

高校生までもが!



それにしても、不振である。

ペナントレース真っただ中の不振。

危険である。

それもこれも、暑さのせいである。

学校には、冷房がないとか、

今思うと、恐ろしい話であるね。

聖徳太子【七人の武将③】~ギャグ漫画日和~

七人の武将。

その3は、聖徳太子。

聖徳太子は、後世の人が勝手につけたお名前で、

通俗では、厩戸皇子と呼ばれていたのだが、

厩戸皇子ってのも、後世の人がつけたって話だ。

馬小屋で生まれたからって、あんた。皇室が馬小屋で子ども生むかいな。

ウガヤフキアエズだっけな。日本書紀のどなたかと存在が被りまくってるという。

要は、存在自体怪しいという、そんな人。
0222-006.jpg
横の2人は誰なんだろうなぁ。



で、なんで武将かっていうと、
仏教普及のために、曽我一族・厩戸連合と物部一族で聖戦をしてまして、
幸か不幸か。曽我一族が買ってしまったために、
日本中にお寺ができることとなります。
物部が勝っていたら、神社祭りだったと思います。

そんでまぁ、僕の中で聖徳太子のやったことの中では、
聖戦である、四天王寺の戦いがとても熱く存在してまして、
戦の前日に、木の像を彫るというエピソードを彫り、
皆で祈るといもの。創作万歳な内容である。



最近の日本書紀研究では、10代か20代天皇くらいまでの話は、
朝鮮半島のお話だと言われている。

で、その真偽の程は、厩戸皇子が編纂した「国記」に記されているんだが、
曽我入鹿のクーデターで、見事灰になった。
入鹿さんは、かわいい名前で歴史的にやってはいかんことをした。





ほいで、聖徳太子と言えば
これ。

77d289e9_1243138205283.jpg


ギャグ漫画日和。
「世の中にゃ、聖人君子なんていねぇよ」と、
諭してくれる適当な漫画。



特に思い入れはないんだよ。

そんな感じで、しーゆー。

福島県郡山市

本日は、福島県郡山市に行ってきました。

某高校で、ドラマケーションを実施するためであります。

大変素直な、生徒たちで

先生たちに不安も最もですが、何の心配もいらねぇーなと

実施して思いましたとさ。



そんな話はいいんでYO

原発の話さ。

出迎え早々、
先生に「お暑い中、遠い中、放射能たっぷりの福島にようこそ」
と出迎えられ、不肖河瀬は、マスクをして学校に入ったことを恥じた。


ここでは、己の体は何のそのである。
幸い、学校内は、
うんこみたいにクソ偉い文部科学省たま
の規定の数値でおさめているとのこと。


色々話を伺った。
福島県郡山市の現実を書きます

郡山市は、本日の放射線量は、2.63マイクロシーベルト/1時間。
これは、うんこの陰謀で、地上17・18メートルで計っているから、
地表は、約5マイクロシーベルト/1時間。
内部被曝換算すると、外部被曝・呼吸・食べ物・水で、約3~4倍。
約15マイクロシーベルト/1時間
これを、年に治すと15ミリシーベルト/年。

はい、アウト。
日本の法律規定は、1ミリシーベルト/年。
放射能は、数値があがれば上がるほど、
比例してガンの発生率があがるので、
少なければいいに越したことはない。


で、現実だ!

郡山市の


■3歳以下は、1日30分以上、外に出てはいけない。
小さいアお子様がいる家庭は、土日になると、
被曝線量の低い公園に、車でかけるそうである。
そうして、毎週末大渋滞だそうだ。

■小学生は、
長袖、手袋、花粉症など防ぐゴーグル、マスク、帽子
をフル装備で登校している。

■放射線量を測るのは、教員の仕事。
毎朝、校門の前の線量を測り、掲示板に書くそうだ。

■震災や事故になると、テレビ画面の左側と下に字幕が流れる。
福島では、いまだに流れている。
放射線量情報と、文科省の発表を垂れ流している。

■今日の、福島県の浄水場は、
放射性ヨウ素・セシウムが「不検出」だってさ。
本当に、馬鹿にしていると思う。

■明日の福島テレビは、文部科学省の担当者が
視聴者の声に答えてくれるそうですよ。

■公園は、危険だから遊ばないでくださいだって(笑)
しかも、5月入ってから。





あー腹が立つね。

国に。
そして、マスコミに。


AKBの総選挙とかどうでもいいんだよ。
もっと、きちんと報道しなきゃいけない現実がたくさんあんだろうが!
この国には正義とかねぇのかよ。



こういう記事を書くと、
俺は、いつも泣きそうになる。
というか泣く。
悔しくて辛くて。

「世の中のすべてのインチキにケチをつけれる人間になりてぇよ。」


じゃ、しーゆー。

プロる。

プロる=プロットを作っている。

断じて、プロになったわけではない。

そもそも、プロになるとは曖昧である。

野球やサッカーの様なプロスポーツがあるものは良いが、

演劇なんぞ、伊達や酔狂の世界である。


そうして、きちんとしたプロレベルやプロ意識が

確立していないから、

観劇の仕方も、演劇の知名度もいまひとつである。

これは、若輩者の意見ではなく、

平田オリザ氏の意見である。


 「日本は、
 俳優目当の演劇が確立しているため、
 まだまだ、観劇のレベルが低い」



との賜ったそうである。
すると、


「果たして、私の観劇の仕方は正しいか?」


という命題に辿りつくのである。


私は、芝居があんまりでも、
堀北真希がかわいければ、
致し方ないと思ってしまうのだが…?

おもしろくない芝居は
ついつい、美人出待ちをして堪能し、
割と満足してしまうのだが…?

と、甚だ疑問符しか浮かばぬため、

この言葉は聞かなかったことにしようと思う。





観客の質が変われば、
プロの定義も変わるのであろう。

最近、河瀬が東京で見る芝居は、
すべてプロだろうと思っている。

なんせ、東京の芝居は、最低4,000円以上するし、
そこそこ名の売れてるとこしか見ていないつもりである。
おかげ様で、一月の観劇費は、20,000円を超える。
演劇・ダンスのWSにもホイホイと出かけていくため、
稽古代で20,000円も飛ぶ。
そして、京都に通うため、30,000円飛ぶ。


東京は、70,000円ホイホイの街である。
田舎の演劇家諸君、ご注意されたし。






ああ、きつい。生活がきつい。

こうい時に書いた、プロットは明日読み返してみると、

駄目だ、こりゃ。ってなるに違いない。

このブログみたいに、いろんなものが明後日の方向を向いているに違いない。

ああ、ドイツに行きたい。

なんと、研修費(交通費込み)15日間が100,000円で行けるのだぁー。

新進気鋭の芸術家として、ドイツに行きたいのだぁー。

業務に認めて欲しいのだぁー。

無理なのだぁー。

ドラマ教育の分野じぇないと業務にならないのだぁー。

それでも、業務にならないと思うのだー。

眠いのだぁー

寝るのだぁー。

そうして、明日見て、恥ずかしくなるのだぁー。

一体どこから来たんだろう、「だぁー」って?





じゃー、しーゆー

足利尊氏【七人の武将②】~詳しく知らない~

いくら詳しくは知らぬとて、

日本史で習う内容くらいは了承済である。

それ以上のことを、あまり知らぬのである。




歴史ファンにとって、『あまり知らない』とは、
教科書のレベルくらいは最低限知っているが、

・専門的に詳しくはない。

・詳しくやっている人と楽しくお話しできる自信がない。

ということである。
大変、敷居が高いものであるので、気軽に知ったかぶりをすると
痛い目を見るのである。



脚本家なんて大層なものをしているが、

実は、

歴史に小話に関して言えば、「レストラン」に勝てないし、
歴史の大筋に関しては、「為房」に軍配があがる。


河瀬は、エセ歴史家である。
それ故、浪漫歴史家というのである。


さて、足利高氏。

500505_1_29b85.jpg

一瞬、落ち武者かと思ってしまう、髪型である。
高氏の「高」は、後醍醐天皇の何かをもらって、
「尊」氏に改名したということくらいを、ふんわりと覚えている。



むしろ、尊氏公よりも
楠正成が好きで、
由比ヶ浜の名乗りは、涎もんである。


そして、足利子孫もそうそう好きではない。
というか、メジャーな奴らが好きじゃない。




ちなみに、
武士の名乗りは、「戦隊モノ」に引き継がれたという、
歴史変遷の謎である。



やーやー我こそは、楠正成!
この、由比ヶ浜を渡り、鎌倉に攻めこまんために
ここまで、来た!
海よ、ひけー!海よー!


変身!!

というこである。




じゃ、しーゆー。

ZTONの稽古場日記

私が、しばしブログを書かぬ間に、

稽古場、ブログ「走れ!ぜっとん君」にて

大変秀逸な記事が投稿されている。

個人的には、大変好きな感じである。


というか、なんだ?

「走れ、ぜっとん君」って?

そもそも、あいつは走れるのか?

じゃべれるのか?

言語を理解できるのか?

など、様々な疑問が持ちあがる被写体である。


これ。
dl_n08.jpg



ふむ、かわいい。
間違えた。
アイルーであった。


ztonkun.jpg


これ。
ふむ、かわぁいい。

アイル―とは、住む世界が違う様だ。

ぜっとんとは、大それた名前であるのに、

大したことはできなさそうである。

つぶやくくらいはできるかもしれん。

商品化の次は、Bot化がいいかもしれん。





そんなことより、猫とぜっとん君を探していたら、
パソコンの中に、篠田麻里子の(漢字を覚えた!)写真が!

2554F6C6F560CAAC1EF8C271A61235.jpg


なぜ、保存されていたかは、ほとほと謎であるが…。

男性諸君。

かわいいとは、こういうことを言うのではないか?

昨今のマスコットキャラクターたちは、

おなごにチヤホヤもてはやされ過ぎである!

せんとくんが、ちやほやされる理由がわからん!





所詮、マスコットなんぞ着ぐるみであったり、

線や棒の類である!

断固、マスコット至上主義に反対するものとする。




そんな感じで、河瀬は、最近
「海賊戦隊ゴーカイジャー」のゴーカイイエローにお熱である。
俳優の名前は、知らない。




別に落ちとかはない。





じゃ、しーゆー。

源義経【七人の武将①】~遥かなる時空の中で~

七人の武将、1人目は源義経である。

yositune2.jpg

ヒャーヤダ!
ムサイ!
ダサイ!


劇団ZTON
RR第1弾「祇園精舎の鐘調べ」でも
登場しますので、そちらに差し替えます!

rr01_dvd.jpg

DVDのパッケージです。
買ってね。ヤダ、宣伝なんてはしたない。
紫の男です。通称「ビッチ姫使い」です。
いいんだYO、押谷の説明はいいんだYO





さて、僕が好きな、源義経の話は、
やはり「源平合戦」でしょうか。
運動会の紅白は、源平合戦からきてるんですよ。3へぇ。


私と義経くんとの出会いと言えば、

中学の歴史の先生が、
源平合戦の際、「平家物語」の本書を授業に導入しまして、
メインの話は、そこであらかた読んだのであります。
(もちろん、現代語訳つきであります)
『敦盛の笛』は、今読んだら泣くこと間違いなし。
『いざ、水の都へ』とか泣けるでしょ。
『倶梨伽羅峠』ドキドキし、
『富士川』平氏情けないと思い。
『一の谷』は、興奮しと。
別に記憶と混ざっているが、源平合戦は一通り漁った。


『源平BASARA』もしくは、『源平無双』を出すべきである。
これ、昔書いたな。。。
http://zinter.blog65.fc2.com/blog-entry-22.html…やっぱ書いてた。




とにかく、義経は奇襲が好き。
武士として名乗る意味がわからんのでしょう。
武士としては、卑怯なことも平気でやる男です。
それで、恥じらいがないから強かったわけで、
兄上も、そこを利用したわけでしょう。

鞍馬の山奥で育てられたのが良くなかったね。
鬼一法眼(天狗)の教育が失敗であります。


ていうか、これも書いたわ。
「祇園精舎の鐘調べ」の作中で。







仕方あるまい。
「遥かなる時空の中で3」の源義経を…

HOB-FIG-9494.jpg


「遥かなる時空の中で3」
コーエーの腐女子ほいほいゲームだが、
驚くことなかれ、河瀬は立派にプレイしている。
陰陽五行の戦闘システムにど嵌りしたのである。


武蔵坊弁慶が金髪であるとか、
那須与一のエピソードとか、
平重盛をそう使うか!?
高橋直純は、歌だけにしとけとか、
わりとやりこんでいる。
そして、歴史的背景や諸説をかなりふんだんに利用している。
ニヤニヤしながらゲームを進めたものである。





断じて、美系男子を落とすことに執着していたわけではない!





ってもコーエーである。
歴史には妥協がない。
そこにニヤニヤしたのである。
断じて、ハーレムエンドを目指していたわけではない。









DVDとコーエーの宣伝で終わってしまったじゃないか!
次は、えんもゆかりない武将をチョイスしなくては!




じゃ、しーゆー

歴史の大部屋

こんばんみー、歴史探検隊、河瀬大隊の河瀬です。



劇団ZTONでは、公演でアンケートに住所を書いてくれると、
『Z会通信』なるこじゃれたで情報誌をお送りするわけである。



その紙面におけて、
超人気コーナー!(自称)
「それいけ!河瀬仁誌の歴史の小部屋!」が連載されいたのだが、
大しておもしろくない
諸事情により
連載が打ち切られてしまったのである!
旗上げから続いていた(と思う)のに!





これを由々しき事態と受け止めた
河瀬大隊は、「歴史の小部屋」をブログ内で完遂させる
デモを思いついたのである。

締切太郎に追われ始めた河瀬には聊か、暴挙である。




というわけで、次回公演
「劇団ZTON 夏季教室」
プログラムB:「七人の武将」



で登場する
武将たちをご紹介していこうと思う。




紹介というか、
河瀬がどういう風に思っているか、
ただの個人的な片思い。

そして、感想である。
歴史的事象など、おまけに過ぎないのである。
だから、打ち切られた。





そして、我がブログである以上、
小部屋なんぞと畏まる理由もないのである!
文字制限もなければ、
誤字脱字のチェックもいらんのである。





大部屋!ここは、歴史の大部屋なのよ!


「観劇に来よう」と思ってた人が、
「やっぱやめよう」と思わない様に、細心の注意を払う必要はあろう!

じゃ、しーゆー。

高級レストラン

昨日のブログについて、
プロデューサー氏との和解が取れた上に、
ZTONに於いての
新しき言語の誕生を祝って書き記す次第である。



伝家の宝刀 … 見えないところで、異性を落とす。
           まるで居合の様な太刀筋。

殿下の宝刀 … 事を成してから、異性を落とす。
           とても駄目な宝刀。
 
電荷の宝刀 … スターウォーズやガンダムによく
           出てくる。あれ。ブゥン。竹崎氏の家にある。

電化の宝刀 … オール電化に変えたが、原発廃炉により
           電気代が跳ね上がって、家計は火の車。
           浜岡原発付近のタクシー運転手の心持ち。




大変見事な語録である。
広辞苑BOTは拾っていく様に。



今更ながら、なぜレストランの芸名は
レストランなのか?謎である。


そうして、プロデューサー氏が言うのである、
レストランが芸名変えるって言い出したら。


高級レストランまさひろ

もしくは、

フレンチレストランまさひろ

にすべしと。
不覚にも、「フレンチレストランまさひろ」は笑った。

プロデューサーからのメール

×殿下の宝刀
○伝家の宝刀

てめぇは、腐っても脚本家だろうが。
日本語間違えるとか恥ずかしいことしてんじゃねぇ。





すぐ下のレストラン氏(神様のカルテ)の記事の話である。
探ってみられよ、残念。もう直したのである。


どこに監視の目があったかわかったもんじゃない。
全くもって恐ろしい次第である。
そうして、こう文面は続くのである。



偉そうに文学気取ってるんじゃねぇよ。
たいして数読んでるわけでもねぇのに。
おまえの劇団は「殺陣」が売りだろうが!
時代劇の一つでも見てろ!




大きなお世話である。
氏だって、ほとんど本を読まぬではないか!



ていうかよ、ザビ家に託けて、
脚本の締切の順番がわからねぇって言ってたから、
脚本の順番決めてやったろうが、
「太郎」「次郎」「三郎」をよ!
そんな中、よくも優雅にブログを更新できてんな?




下の方の(ザビ家)の記事である。
そうなのである。脚本の締切たちが定まりつつあるのだ。
しかし、まだ本決定ではない!

企画会議は明日ではないか!
良いではないか!
曖昧な締切太郎と戦う気はせぬのだ!
というか、氏はブログで我が情報を漁っているのだ!
わー、わー、プライバシーの侵害である!




ならば、ブログ書くな。阿呆が。
それと、おまえ最近、筋肉痛がねぇんじゃねぇのか?
ちゃんと鍛えてるのか?
京都組だけ鍛えさせるとか意味わかんねぇことしてるんじゃねぇぞ。
おまえも、俳優はやるんだろ?




最近は、めっきり忙しく、
鍛える暇なんぞ、むにゃむにゃ。
しかし、鍛えながら、脚本を書くというのは
いささか無理がありやせんか?




てめぇがやるって言ったんだろうが



言いました。むにゃむにゃ。
鍛えます。むにゃむにゃ。
書きます。むにゃむにゃ。
むにゃむにゃ。
取りあえず、コーヒー入れてから
筋トレします。むにゃむにゃ。





こうして、氏からの言霊は続く。
ご安心めされよ、8割方創作である。
しかし、言われたことは事実である。
むにゃむにゃ。

神様のカルテ

最近、流行りの「神様のカルテ」なる本を読んだのである。


文体は、
夏目漱石氏の簡易版。
森見登美彦氏のひねくれてない版
とでも言えようか。


「神様のカルテ」の作者には悪いが、
これで、森見氏の本より売れているとは、
森見氏にとっては、全くもってやりきれる話ではない。



「神様のカルテ」は決して駄作なわけではない。
感動したし、満員電車で涙を堪えたのは事実だ。
(司馬先生の「燃えよ剣」は電車の中で、全河瀬が泣いた)


この話。どうも、地に足がついておらんのだ。
主人公がとても、オンボロアパートの住人とは思えぬし、
職業が「医者」だからも、あいまって
なぜ、そんなオンボロアパートを住処にしたのか?
というのが解せぬ。



食事を買う金がなく、小麦粉ですいとんを作る
レストランまさひろの姿をご覧じろ!!(3年ほど前)






そして、なぜ、偏屈な医者の漱石かぶれが、
そこまで可愛い妻をゲットしできたのか?
いささか吹っ飛び過ぎてはおらんかね?
もっと、人間的に汚いとこ出してくれよ。


そしてそして、何より映画化の帯にある。
主人公が、嵐の桜井翔 であり、
奥さんが、宮崎あおい である。


ふざけろ!
ふざけているぞ!
どんな偏屈でも、顔と身長がそんなだったら、
苦労しねぇんだよ!偏屈にもならんのだよ!
駄目だ、作者は偏屈なる人間の極意を分かっておらぬ

好き好んで、崩れかけた家にしがみ付く人間の気持ちが!!




もし仮に、映画化で、主人公が
レストランまさひろであれば…納得である。
歯も浮く様な設定も、レストランがずんと和室座るだけで解決できる。

彼は、偏屈王である。
そして、漱石かぶれでもある。(私が勝手にそう思っている)
彼が、宮崎あおい を落としたとなれば、
yahoo!ニュースを飾ること間違いないが、
我々身内は大いに、納得である。

「レストランの伝家の宝刀が解放されたに違いない」


「神様のカルテ」の主人公の性格「止まって考える」スタンスを
本気で実行できている人間は、
私が出会った人間の中で唯一「レストランまさひろ」のみである。


ちょっとやそっとの立ち止まり方ではない。
レストランは、考えている間に、思考が宇宙まで伸び、
銀河系を越えて、一周回ってビックバンが起き。
もう一度、宇宙が始まるくらい立ち止まって考えるのである。


そして、それを本人が楽しんでいるのである。
恐ろしい男であることには違いない。




ああ、そうか、
「神様のカルテ」が面白くない理由がわかった。
(ネタバレになるかもしれないので、読む方は御留意されたし)









小説の結末で主人公が向う方向の先に

「レストランまさひろ」がいるからである。

私の読書時間は、レストランに請求したらよろしいか?

パイレーツ・オブ・カリビアン

パイレーツ・オブ・カリビアンを見た!

呪いの海賊たち
デッドマン・チェスト
ワールドエンド

3部作フルコースである。


来たるべき、生命の泉に備えて。

まぁ、見に行く予定はありませんがね。
あんまりぱっとしなかったなぁ。
駄作じゃないと思うんだけどね。
呪いの海賊たちは、映画館で見た記憶があるんですがね。



そんな中。
ジョニー・デップの手の動きがうつりました。
僕は昔から、
真新しい身体表現を見ると無意識に真似てしまうんです。
大昔に、マネマネの実を食った様です。


おかげで、キーボードうつてが陽気なことこの上ない。
細君には、「おかま臭いからやめろ」と一蹴。
わかってないね、海の浪漫を。



海賊と言えば、
僕の海賊好きは、絶賛連載中のワンピースより遥か昔の

「ポケットの冒険」からである。

児童書なのだが、
「ポケット、ケポット、トッポケト!」の掛け声と共に、
なんかあって、グー・チョキ・パーという乗り組員が居て…
あれ、なんか題名まで怪しいぞ…。
しかし、敢えてググらない。良き思い出は曖昧に。



他にも、
バーレスク
十三人の刺客


を見たのである。5本で1,200円万歳!

「バーレスク」は、
ビッチストーリじゃなくて良かった。
「500日サマー」とか、評価されてんのに、
糞ビッチでどうしようかと思ったしね。
何より、踊りが良かった。
ムーラン・ルージュの現代版ですな。

「十三人の刺客」
ああ、やっぱりカンヌは取れない出来だね。って感じ。
ジェガンみたいな感じ。質のいい量産映画。



「ソーシャルネットワーク」を見たい。
敬愛してやまぬ、「ベンジャミンバトン」の監督である。

「トロンーレガシー」も見たい。
怖いものみたさで。




うん、でも最終的に気になるのは、
「ガンダムAGE」だね!
あと、ユニコーンの続き!

第1213回「コミュニケーションで大事にしていること」


トラックバックテーマ 第1213回「コミュニケーションで大事にしていること」




トラックバックテーマに、興味深いものがあったため、
記事を書いてみるのである。

トラックバックテーマに投稿することで、
何がどうなるかということに関しては、さっぱりであるので
まぁ、兎にも角にもグダグダと話を展開するのである。





私は職業柄、
コミュニケーション推進のため
全国の小学校・中学校・高校等を回っている。

それゆえ。

「コミュニケーション」って何?
という話を、いつも授業の導入部で必ず行う。
というか、これは、センターの大いなる意志であり、
しがない一般職員にはこれに抗う術を持たぬ。



素直に答える児童、
言わぬ生徒、
なんとなく答える生徒と

さまざまであるが、私自身コミュニケーションとは何ぞや?
ということに関して、未だ明確な答えを持たぬ故。
どんな答えが来ても「正解」とすることにしている。
「正解」と答えることで、
私と彼らの間にコミュニケーションが成立するのである。






そもそも、「コミュニケーション」などという言葉は、
日本語ではない。
外国からもたらされた、なんか偉そうな文化である。
これと似たような言葉に、「友情」がある。
「友情」も外来語である。

そもそも、明治以前の日本に「友情」という概念はない。
欧米化につき植え付けられた付け焼刃なものである。
江戸の人々は、仲の良い人間を

「義兄弟」と呼んだ。
断じて、「穴兄弟」ではないのでご留意されたし。







でまぁ、そのコミュニケーションとやらが存在するとして、
何が一番大切かと言えば、


「相手を肯定する心」なのではないかと思うのである。


WSやったって、
その児童生徒を肯定しなければ、成立しないし。

舞台やったって、
役者のことを肯定しなければ、見ていて楽しくない。
(もちろん、役者には相手に肯定させる努力も必要だが)

会社だって
部下は、無条件に上司を肯定しなければならぬが、
上司は、部下を肯定してやらねば、部下の活躍などありえまい。

SEXだって
相手を異性として肯定しなければ…






コミュニケーションとは、相手を認めることであり、
自分を認めさせることである。






心理学崩れの
NLP療法でも同じことを言っていよう。


日本語で言えば、「誉」に当てはまるのではないだろうか?
自分を認めてなければ、相手を誉めることはできまい。




で、人を誉めるのはどんな時?




心が素直な時。打算がない時。




というわけで、私は心が素直に生きれる様にと
日々努力しているわけだが、現代社会との折り合いが非常に悪いのである。



危険物


ジャッカスが入っているか。

使用済み核燃料か。

どっちかだ!

ザビ家

今まで、森見登美彦氏にかぶれて

「締切次郎」に追われる、私を実況してきた次第であるが、

締切次郎なるものの使い方を誤っていたのではないか?

とふと疑念が湧いたので、書き記す次第である。



さて、「締切次郎」
「次郎」というからには、次男であろう。
長男で、次郎という名はあまり聞いたことがない。



つまり、目下、我々を追ってくるものとしては、
「締切次郎」ではなく、「締切太郎」ということである。



「締切太郎」とは、
俗に言うところの、長兄:ギレン・ザビである。
ああ、恐ろしい。ギレン氏に追われると思うだけでゾっとする。



「締切次郎」は、太郎の次の締切である。
俗に言う、次男:サスロ・ザビである。
次男がドズルだと思われた方。勉強不足である。
ガンダムORIGINを読まれることをお勧めする。



「締切三郎」は、次郎の次の締切である。
俗に言う、三男:ドズル・ザビである。
「太郎」追われていると、
ついつい「三郎」の筆が進むのが世の常というものである。


そして、
「締切四郎」の
四男:ガルマ・ザビが続くのである。




私くらいの作家になると、
常にビグザムくらいまでに追われているはずなのだが、
守る拠点もないため、逃げきることが可能なのである。

河瀬は、自ら設定した防衛ラインを平気で破棄するのである。
河瀬氏に、漠然と仕事を依頼しないことをお勧めしたい。


要は、大して売れてはいないのである。




ここで、忘れてはならないのが
「締切花子」
キシリア・ザビの存在である。
花子というだけあって、奴は他の男どもと一線を画す。
メディアという看板を背負っているのである。

しかし、
河瀬は、自ら設定した防衛ラインを破棄し続けているため、
お話にならない。というか、攻めても勝てる気がしないのである。





この活字世界で、

おお、恐ろしきザビ家と戦う

地球連邦作家軍に栄光あれ!



そして、河瀬は今、
「締切太郎」「締切次郎」「締切三郎」が並んで
ジェットストリームアタックを仕掛け様としているのである。





ど、どれから手をつければ良いのだ!?
ぶ、ブライトさん!セイラさん!指示をくださいよ~。

教育支援コーディネーター

東京都が主催する、『教育支援コーディネター・ミーティング』に行った。

ミーティングって言うくらいだから、

ふっかりとした椅子にぐっふりともたれこみ

偉そうな教授が教鞭を振るう。

そんなものを想像していたわけですが、

ミーティングとは名ばかりの研修でございました。

私、コーディネターもしますが、業者なんですが。

まぁ、良かろう。



で、本年度より改定した
学習指導要領の確認や、指導要録、各教科の評価基準を
お勉強したわけです。

いかにも、お勉強ができる皆さまが作られた学習指導要領で、
現場に出入りする身分としては、笑わずにはいられない。
という感じですね。




知ってます?

義務教育は、

「思考力・判断力・表現力を含めた様々な能力を備えて、
 ”生きる”能力を備えた人間を形成する」

ってことだそうだ。


おっかしぃな。
俺、そんな教育受けてねぇよ(笑)
別に、俺が受けた教育に不満があるわけじゃないし、
他の学校と見比べても、「良かったなぁ」ってことのが多いけど。



でさ、授業要領ってのも、
「児童生徒がどうなる?」
っていう明確なビジョンがないといけねぇってのが解せない。
予想できない授業はしない。何それ?
おいおい、個性はどこ行く?


日本の義務教育は、個性いらねぇんだな。
相変わらず。
軍隊作る域から出てねぇぞ。



もっと、教育に自由を!
寺子屋だ!寺子屋!
表現の自由さが貧困だぜ!



俺が学校作るなら、絶対に演劇・音楽・図工は外さない。
というか、これがメインじゃ。

広告の意図不明


いったい、なんの広告なんだか。

にしても、他のマスコットに比べ、

せんとくんの等身が異常。

最近みた芝居

昨日は、授業して、
小学校で給食いただいて、
授業して、
江戸寿司食って、
松陰先生に会えず、
悲しみに暮れ、
帰りました。


昨日のまとめです。はい。


最近見た芝居

「又聞きの思い出」ワンツーワークス 
前にワーワー騒いでた「レッドシューズ」の古城さんの団体であり、
氏の演出作品。西海さんが出演されるということで行きました。
中野・ザ・ポケット 4,000円
ひじょーに面白かったですね。僕は好きです。
シックで大人な笑いでございました。
まぁ、本がウィリ・アレンだから最終的にはコメディなんですがね。
でも、ちょっぴり「レッドシューズ」の雰囲気も見てみたいなぁ。

「NEW WORLD」アンドエンドレス
こないだ、元気になったのでまた見に行きました。
3時間半で、2時間くらい殺陣してたんじゃないだろうか…
俳優座劇場 6,000円
荒いけど、熱いってやつです。僕は好きです。
やっぱ、すげぇのは、脚本・演出・主演クラスを
やってるところとバイタリティ。
そうそう、浅沼晋太郎さんが居ました。声優の四畳半の人です。
あと、フォルダー5のAKINAさん
ガンダムSEEDに出てた声優の小金井亮平さん
すげぇな、プロデューサーさんよぉ。




つーわけで、ZTONも頑張るのです。
よろちくび。

吉田松陰先生


閉門しております。

面会ならず!

無念!

大寿司


でかいぜ、大名!

寿司


江戸寿司だぜ。うます。

団員に向けたメールを公開してみる。その2

その2。


五月二十七日

終わりました。
武将です。


美術でやって欲しいことが盛り沢山。どう伝えて欲しい?>槌屋氏
メール・電話・サムシング・直接・スカイプ?



河瀬仁誌




ひ、低い!
このテンションの低さ!なんでや、完成しとるのに!
締切次郎に間に合ってるに!自分のことながら、謎だ。

団員に向けたメールを公開してみる。

脚本執筆中のメールである。
大変よく書けているので載せてみる。



五月二十日

みなさま、お元気だろうか?
土肥氏の熱烈な希望により、アップする次第である。
為房氏には、5月27日くらいまで大丈夫との声を頂いている次第なので、
締切次郎に急かされつつもなんとかなりそうである。
と書きつつも、断定して書くのが怖いのは、作家の性である。
あくまで途中であるので、完成していると思って読まないことだけ
約束していただきたい。途中から池田嬢に写経して頂いた原本に戻るのである。


さぁ、新「七人の武将」を読むといい、
そして、ZTONに入ったことをとくと感謝するがいい。
こんなに、滑稽無為な脚本など、ついぞ見たことがなかろう。
これぞまさに歴史シチュエーションコメディである。
河瀬万歳!


私が今こんなに高飛車であるのは、森見登美彦氏の著書を読んでいるからか、
長い長い夢遊病にかかっているかのどちらかである。
しかし、安心されたし。本は移動中しか読まない。
家では、専ら脚本しかかかないのである。
夢遊病の方の、解決の糸口が見えないのはいつものことである。


午後7時に家に帰り、午後8時から午前2時過ぎまで作品を書き続ける河瀬は、
作家の鏡であると思わわれる。おかげで首がむち打ちである。
私が、京都に上洛した際には、アンメルツヨコヨコくらいは献上してもらいたいものである。
仕事を持ちながら、3日で27ページも書き上げる作家がこの世に何人いるだろうか?


ちなみに、河瀬の予定であるが、
明日は1日予定があり執筆できぬし、連絡できぬ。
明後日も夕方から夜にかけて予定があり、
し明後日も日中は身動きがとれないのである。御留意願う。


私は、これほどプライバシーを曝け出しているのだから、
もう少し気をつかって連絡をくれてもいいのではないかと思う次第でもある。
皆様は、私がどうも忙しい時期を見計らって、連絡をくださるのである。針穴を通す様に!
これはなかなかできることではない。離れても我らの気持ちは1つである。
しかし、忙しい際はこういったシックスセンスが悪く働くということ見過ごしてはならない。
人類のニュータイプ化も歯止めをかける必要性があるのだ。


なお、ここに書かれていることはすべてデタラメである故、
気に掛ける必要はないのである。大変よく書けたので、ブログに転載したいくらいである。
ちなみに、今河瀬が愛読しているのは森見登美彦氏の「恋文の技術」である。

それ故、この様な文通もどきのメールを作るのである。
くれぐれも本書を探し出し、類似点を並べたたてた上で
「パクリである」とは騒ぎ立てぬ様に。
当の昔に、この世界にはオリジナルという概念は存在しなくなったのである。
振付に著作権が発生する世ぞ!


そして、これだけうつ間に、脚本を書けなどと言わない様に。



高飛車の夢遊病 河瀬仁誌
                 ニュータイプの 皆様へ

酒。


仕事が終わっても、飲むんだなぁ。

これから、新幹線で揺られてかえるよ。ちんちろりん。

続々続々とひくんのへや


とひくんの寝顔。

むふふのふ。


結局、世界発信するには際どい落書きもは見つからず!


あ、夜這いはしてねーぞ!

ZTON お好み焼き


稽古後の酒うます。

俺を、京都に住ましてくれ。

続続々とひくんのへや


外人さんみたい。

隣はなおやん。狗神エイトのオフショット。


他の落書きは全部、パンツの中にしまわれちゃいました。


世界発信できないサムシング。

夜這いをしかけます!
公演情報
▼劇団ZTON
2015年
【脚本・演出】
劇団ZTON1967
『狂犬』
1月20日(火)
@インディペンデントシアター2nd

【脚本・演出】
劇団ZTON vol.11
『オルタソフィア
  -憂国の革命因子-
3月12日(木)〜14日(土)
@京都府立文化芸術会館

▼電子書籍
Amazon[kindle版]
「天狼ノ星」<天の章>¥472
「天狼ノ星」<地の章>¥472
「王の血脈」
¥472
twitter
プロフィール

河瀬仁誌

Author:河瀬仁誌
京都・大阪を中心に活動する劇団ZTONの代表。脚本家・演出家・俳優。

演劇講師や演劇を使ったコミュニケーションワークショップも展開中。

メディアミックスの舞台興行をやりたい。
アニメ・ゲームも作りたい。
神山健治監督が好き。

検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。