スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

並列化

並列化という言葉で、

パッと出てくるものといえば、タチコマ。

image.jpeg

攻殻機動隊。ラヴ。

そんな話はどうでもいい。



先日、学生劇団時代の先輩の芝居に行ってきました。
ブローウェイミュージカルの「フットルース」というお芝居です。
マクドナルドのCMで良く流れているあれです。

http://www.youtube.com/watch?v=nfTrIpCTiJY

あ、マクドナルドの日本会長が退陣しましたね、ちょっと笑ってしまいました。


まぁ、そんな話はどうでも良くて。

お芝居はめちゃめちゃ面白くて、巧くて。
いやはや、ミュージカルすごいなと。
今まで見たことのあるミュージカルで一番、
おもしろく見れたかもしれないです。



さて、お芝居見るにあたり、
その学生劇団先輩と当時の先輩方と飲んだわけです。
折角の再会ですから!


俳優、七井遥。
ミュージカル俳優、渡辺亮。
京都ロマンポップ、向坂達矢。
劇団ZTON、河瀬仁誌。


そんなラインナップ。
全員、立命館大学の劇団月光斜出身です。
全員芝居を続けているので、結局芝居のお話になりまして。
夢のない話になってしまったので、書けないんですが(笑)



何より一番思ったことは…


学生劇団時代、僕はがむしゃらに先輩方の背中を見て育ったわけです。
その先輩たちの思考や思想はある程度、共有できていたと思います。
その方たちの芝居は残っている映像で見たし、話もたくさんしたし、
その人たちの進路も知っているわけです。

僕もここ数年色々なことをやらせてもらって、
「自分がぺーぺーの後輩ではない!」ところを見せたいと思ったのですが、
「演劇論」というか「生き方」の話として始まると、
先輩方も当然の様に進化していて。
そういう風に進んだ人たちが、今、こういう思想と哲学を持ち合わせる様になったのか!
と、自分の中にない可能性を模索されていて、衝撃でした。


自分自身の葛藤している先にある1つの選択肢を教えてもらった様な。
当然、3人とも意見は違いますので、僕は3つも選択肢をもらってしまったのです。
相変わらずの後輩ぶりでございました。




攻殻機動隊的に言えば、

並列化→スタンドアローン→並列化

の行程を辿った気がしまして、
再び僕はスタンドアローン状態になっていくのですが、
時々、思想や思考を並列化するのはとてもいいなぁと思いました。


世間一般では、「同窓会」ってことなんだろうけど。
共通言語が「思い出だけ」ではないというところにも、
何かしらの魅力があったのだろうと思います。
スポンサーサイト

ここ最近したこと。

安定のブログ更新率。

…そう、私がブログが書く時は、脚本が書けない進まない時である。

マイッチング。


最近したことを記載していこう。

<5月>
天狼ノ星 本番
大阪市教育振興公社説明会に出席
【WS】タレントプロダクションの演技指導
森ノ宮ピロティで挨拶。BASARA観劇できず!
【ライブ】アルバナシアのライブ。
シアターKASSAIでお話。榊原さんめっちゃいい方。
【観劇】bunkaruraで「ボーカロイドオペラ」観劇。つまらんかった。
【観劇】シアターサンモールにて、ポップンマッシュルームチキン野郎さんを観劇。
【WS】劇団月光斜teamBKCにて、殺陣WS。
京都府庁にて、ソーシャルビジネスの説明会に出席。
後、京都市内で打ち合わせ。


<6月>
【WS】立命館大学BKCにて教職課程履修者に「演劇を使ったコミュニケーションWS」を実施。
大阪にて打ち合わせ
【観劇】銀河劇場で「私の頭の中の消しゴム」を観劇。
アンドエンドレスさんの稽古場に遊びに行く。
マイナビさんにて、電子書籍化の打ち合わせ。
京都にて、打ち合わせ
大阪のイベントプロダクションに営業。
阿倍野区民センター「まちづくりトーク」に参加、懇親会にも参加。
石田1967会に参加
芸創の前田さんと飲む!
【WS】タレントプロダクションで演技指導×2
【観劇】STAR☆JACKSさん観劇。
京都にて打ち合わせ、
兵庫にて打ち合わせ、
大阪にて打ち合わせ、
京都の学校にて打ち合わせ。
京都にて打ち合わせ。
【WS】宇治の太陽ヶ丘にて、「演劇を使ったコミュニケーションWS」
ZTON倉庫撤退戦!
京都府立文化芸術会館のミーテイングに参加。
【観劇】がっかりアバターを見る。

<7月>
【WS】大阪市教育振興公社にて「演劇を使ったコミュニケーションWS」研修
【観劇】劇団月光斜teamBKCを見た。
【観劇】劇団月光斜を見た。
大阪のイベントプロダクションにてBBQ
京都大作戦に仕事で上陸!「ロットングラフィティ」にハマる。
【映画】十三でアリスインプロジェクトさんの映画を見る。
【観劇】Bunkamuraで「マシューボーンのドリアングレイ」を見る。
【観劇】シアター風姿花伝で空想組曲さんを見る。
東京でゲームプロダクションの人と会食。
京都「遊子庵」にて鹿肉を食し、祇園祭りへ。
バンドでスタジオに入る。(京都大作戦に影響された)
名古屋にて、打ち合わせ。
【観劇】京都観世会館にて「能」を見る。本まで買っちゃう。
事務所で、マジックザギャザリング大会が催される。
【WS】タレントプロダクションにて演技指導。
【WS】京都中学校演劇のドラマスクールでWSをする。
兵庫にて打ち合わせ。
京都の大学にて打ち合わせ
京都、国際漫画ミュージアムで、ヤッサン一座らっきょむさんの紙芝居を見る。
東山フェスタ殺陣教室を見学。
信長茶寮を見学!
新風館で「肉とビール」のビアガーデン!そして、打ち合わせ
ナレッジシアターで「MIQS」を見る。
アーツ・エンターテイメント学院で「大人の文化祭」に参加。
…整体と占いをしてもらう、過労ピーク。
京都の学校にて打ち合わせ
兵庫の学校にて打ち合わせ
兵庫・阪神淡路大震災「人と防災未来センター」でちょっと半泣き。
京都府立文化芸術会館のミーティングに参加。

<8月>
【WS】京都NPO法人で「演劇を使ったコミュニケーションWS」。
【ライブ】ナレッジシアターで「初音ミク」のヴァーチャルライブを見る。
大阪市教育振興公社にて、新企画のプレゼン。
某プロダクションのタレントとして、オーディションに参加。落ちたぜ!
【WS】関係者を集めての「演劇を使ったコミュニケーションWS」のプレ版開催。
関テレの鈴木さんとお食事。
岐阜で結婚式に出席→寸劇の流れ。
後日、岐阜に上陸しサバゲー。
【WS】名古屋にて戦国ひめ隊とお近づきに。
【WS】名古屋にて、ファシリテーション協会でWS、価値観ブレイク。




ふぅ全部書いてやったぜ。
ZTONに関わるミーティングは多すぎて外したけど。

その他に学校で毎週授業をやっているのと、
ZTONの強化WSがあったりと、

「ワンピース」70巻?まで一気に読み切ったり、
「銀の匙」読んだり、「ヒストリア」読んだり、
「鋼の錬金術師」読んだり、「進撃の巨人」読んだり

「ダンガンロンパ」やったり、
「ファイヤーエンブレム覚醒」やったり、
ひたすら、「進撃のバハムート」やったりと

意味わからんちんの忙しさ。
ああ、歌って踊って、お菓子食べながらダラダラと過ごしたい。



しかし、

8月後半から年末まで再び怒濤の日々が始まるので
今のうちに色々と終わらせて…

「モンハン4」に備えたい!

雑感と雑感と雑感

年を経るに従って、
衝撃的なことは薄れていく。
ちょっと悲しい。


というのも、


僕は、自分の価値観が一遍させられる様なことが好きだし、
僕の価値観が順調に育っていくことも大好きだ。
また、その価値観がひっくり返って
また、それを成長させてという形で、
ひたすらに自己肯定と自己否定を繰り返してここまで
生きてきているわけです。


肯定の成長も、否定のキッカケもすべては自分以外の人が
くれる事象で、そのことにもの凄く感謝をして生きているわけです。




ただ、昔は新しい価値観に出会うと脳天の向こう側まで
スカっと晴れ渡り素直にただただ感動したものですが、
最近は脳天がツーンとなるところで、とまってモヤモヤとする。
こんな表現で分かるのでしょうか…(笑)



このモヤモヤを本当になんとかしたいです。
この感覚を言語化したいです。
そして、解法を導きだしたいです。
ああ、モヤモヤします。



僕は色々な土地に行きます。
色々な土地の色々な人たちの思いや考え方、感覚を聞いて、
自分が出会ったことのない感覚や考え方に戸惑い。
自分で考えて。

それを「演劇」という解法で解きたいと願います。
僕の出会ったすべての価値観を内包したいと願うのです。



具体的なことについても書いていこうかと思ったのですが、
この感覚は劇場でシェアしましょう。

鹿肉と猪肉

もう、何年も前の話であったが、
シェアリングをしてた友人が、猟師の知り合いから「猪肉」をもらったという。
猪の肉なんぞ食べたことがなかったので、ものすごく興味を持ったのだが、
実際に食べたかどうかは記憶にない。

食べ損ねたか、食べたが普通の肉だったか。
私の記憶違いで、実際は「鹿肉」だったか。
とにかく、普段の「牛」「豚」「鳥」とは違った肉を食すということに
異様に興味を示した記憶が強い。


先日、「遊子庵」なる関西の著名人が集まる秘密倶楽部で
「鹿肉」料理をいただいた。
酔っぱらっていたからか、今まで食べたことのある様な味だと思った。
普通の肉よりも脂身が少ない気もしたが、どうだったのであろうか?
美味しかったので、良かったのではあるが。



世間ではもっぱら、日本人は農耕民族と言われているが、
元々の縄文時代の日本は狩猟民族である。

人類は肉を追いかけてこの東の地までやってきた。
日本を根城にしてからは、鹿や猪を狩っていたことだろう。
海産資源も豊富であったたし、作物も豊富。
活断層の集合地であるという条件を除けば、ユートピアに近い。
世界最古の土器が日本から出土していることからも鑑みると、
原始種の耕作(農耕の初期)は始まっていたのではないかと思う。

そこに渡来人と共に「稲作」の文化がやってきたわけである。
彼らは、主に灌漑設備と大陸の「新種」を伝えたわけである。
それを全面的に受け入れる日本人もいれば、そうでない日本人もいることは、
スマートフォンの普及率を見てもすぐに分かることだと思う。
それから、農業のために、「牛」や「馬」や「鳥」などの家畜化された
動物もこの時期に伝わるわけだ。
(「犬」と「猿」に関しては、元々家畜化していた)
(桃太郎の伝記を考えると、家来に選ばれた「犬」と「猿」と「鳥」は
 日本で既に家畜化されていたのかもしれませんね。)



こうして、様々な価値観が混ざり合うわけですが、
田畑を耕しながらも、猟師という存在はなくなっていないわけで、
…というのも、
天武天皇の時代に、家畜の肉を食べることを禁止いる。
その対象は、「牛」「馬」「鳥」「犬」「猿」。
日本人って猿も家畜化してたんですね…。何のために…?
要は、農業用・狩猟用に使うために家畜にしていいよってことだと思う。
逆に狩猟で手に入れた「肉」を食べることは許している。
(渡来系の動物と、天津系の動物が並んで禁止されるのは
 いい感じに文化がブレンドされていたのではないかと思う訳です。)


…食ってたんだろうね。
家畜を。
本来は、農業や狩猟のために動物なのに。
だから、禁止令を出したのでしょう。

食「犬」に関しては江戸時代、徳川綱吉の「生類憐れみの令」で止まりますが、
お隣、韓国ではつい最近まで(今でも)その文化は続いているという話。
(まぁ、狂犬病が流行ったため、食犬を禁止したとかいう話もありますが、
 江戸時代にはあまり興味がありません故…。)

食「猿」はどこで止まったのか。
そもそも、家畜化もどこで止まったのか。
歴史の謎ですね。





日本人は「鹿」や「猪」関しては大昔から食べ続けているし、
乳製品ももう、1000年以上接種しているし。
食っちゃいかんと言われながらも、家畜食うし。

農耕民族って言えば、農耕してますけども、
「鹿」や「猪」は家畜化できていないので、
ひたすら狩りしてますからね。



というわけで、
「牛」は年取ると食うのがしんどくなっていくのだろうけども、
「鹿」は年取っても食えると思うんです。
そんな気がするのです。

それを言いたいがためのウンチク。

銀の匙。

最近、「銀の匙」を見たわけですが。面白くて面白くて。

事務所に来たら、全巻あったので。とりあえず読んだ。



「銀の匙」は酪農、農業漫画ですが、

酪農青春グラフティというだけあって、酪農で青春している。

何より、主人公の生い立ちが人ごとじゃなくて。
(こんなにお人好しではないですけども…)

ああ、こんな青春送りたかった。

ちょっぴり悲しくなりました。

もはや、北海道に生まれたかった。というのと同義。




話変わって、集団生活。

「銀の匙」では、全寮生活なんですよね。

地味にしたことないのよね、集団生活。

ずっと個人主義で団体行動大嫌いなんですけども、

上から理不尽に当てはめられる集団行動は

…なんだか面白いんじゃないか?

と勝手に思う次第です。
(まぁ、それをやっている本人方はこれっぽっちも思わんのでしょうが)



そこでの生活は理不尽なんだろうけど、将来への大切な布石があって。

今の僕が端から見れば、経験しておきたかった!と思えるものです。

実際してみたら、発狂するかもしれませんが。

3日くらいは頑張れる気がします(どーん!)

あ、刑務所ルートはナッシングで。




「農業」もね、結構興味あるんですよ。

畜産にはあんまり興味なかったんですけどもね。

どこかで畑はやりたいと思っているのです。

まずは、印税で土地買うとこから始めたいとこです。
公演情報
▼劇団ZTON
2015年
【脚本・演出】
劇団ZTON1967
『狂犬』
1月20日(火)
@インディペンデントシアター2nd

【脚本・演出】
劇団ZTON vol.11
『オルタソフィア
  -憂国の革命因子-
3月12日(木)〜14日(土)
@京都府立文化芸術会館

▼電子書籍
Amazon[kindle版]
「天狼ノ星」<天の章>¥472
「天狼ノ星」<地の章>¥472
「王の血脈」
¥472
twitter
プロフィール

河瀬仁誌

Author:河瀬仁誌
京都・大阪を中心に活動する劇団ZTONの代表。脚本家・演出家・俳優。

演劇講師や演劇を使ったコミュニケーションワークショップも展開中。

メディアミックスの舞台興行をやりたい。
アニメ・ゲームも作りたい。
神山健治監督が好き。

検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。