スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三国志と私。

三国志と私。
次回公演が三国志という事で、軽く語る。
ちなみに、次回公演

劇団ZTON エンタメストライク003『覇道ナクシテ、泰平ヲミル』
6月29日(日)からチケット発売開始です。
よろしくお願いします!!


そして、久々に客演する。
笑撃武踊団さんの『戦國白蛇伝』も本番です。
ダブルでよろしくお願いします!!!!!




さて、三国志
【偽王劉備編】・【蝕王曹操編】
の2本立てですが、

三国志についてご存知ない方も結構いると思うのです。
おそろしいことに、うちの団員の約9割が三国志全く知りませんでした。
「劉備」「曹操」くらいなら聞いたことあります、レベル。

まぁ三国志とは、あれです。中国大陸が3つの国で三分割されて、
統一するのが大変でしたという時代です。
世界史上、1つの国内で勢力が3つ分散するのは珍しく、
3つの国ができあがるまでのロマンがたまらないものであり、
コアな歴史ファンも多いこの時代。

ぶっちゃけ、3つの国になるまでの方が長くて、
3つの国になった後は自滅っぽく滅んだり、尻窄みであったり、
戦ってた3つの国ではない、別の国が中国大陸を統一しちゃったりします。

3つの国とは「魏」「呉」「蜀」の3つ。
「魏」は魏志倭人伝でおなじみのあの魏です。
日本は邪馬台国、卑弥呼の時代でした。文明格差!

三国志好きは主に、好きな国があります。要は推し国です。
ガンダム好きのトークでよくある自分が所属するならば
「ジオン軍」か「地球連邦」かみたいなもんです。私「ジオン軍」派閥です。
これが結構バラけるのです、国の色が違うから!


個人的な見解で言わせてもらえば、
「魏」は、覇の国。力のある人の基に人が集まった感じ。
「呉」は、継の国。王や配下がどんどん交代しますが、なんか渡り合えます。
「蜀」は、仁の国。いい人の基の人が集まった感じ。




ちなみに私は…
圧倒的に『呉』が好きです。

そして、今回は、
「蜀」の帝"劉備"を描く「偽王劉備編」と
「魏」の帝”曹操”(曹操の子供の代から帝を名乗る)を描く「蝕王曹操編」
の2本立て。

「呉」はハミゴです。



か、悲しい!
スポンサーサイト

オーバーワークラブ

なんだか、オーバーワークが日常化して
地味にケアレスミスを連発してます。


6月に入ったのにも関わらず、
請求書の消費税を5%で作ってしまいました。


どれだけ、自分の脳みそがお花畑なのか?
夢を見ているのだろうか。笑ってしまうけど仕事的に笑えないミスでした。
…社長、本当にすいませんでした。




いや、もともと僕はケアレスミスが多い人間ですからね。
大雑把ですから。
台本なんて誤字脱字のオンパレード派ですからね。

顔合わせの前なんか、団員が必死こいて誤字脱字を探してくれるわけです。
ありがたい。

電子書籍化なんかは、図書菅先生が上演台本に修正してくれるわけです。
ありがたい。

何より1度書いたものはじっくり読み直さない主義なので。
というわけで、ブログでの誤字脱字も多いです。
読み直しませんから。




で、団員に指摘されるわけです。
脚本家が誤字脱字だらけのブログをするとはなんたるものか。
そういう時は、「うるさい、うんこ!」
って言った後に、こっそり修正します。


というわけで、どうやらオーバーワークは関係なかった様です。

祝!お客出演します!

情報がバラまかれております。


河瀬仁誌、28歳

なんと、7年ぶり(あいまい)くらいに

客演します!
客演はあれです、
他の劇団の公演にゲスト出演するアレです。


めでたい、めでたい、ありがたい。
笑撃武踊団さんありがとうございます!!


稽古で大阪に通う日々です。
知ってたけど、京都から大阪って近いよ。
乗り合わせが良ければ35分〜40分くらいで着くのです。
演劇の授業をしに普段から大阪行ってますけどね。



いやーZTONの公演でも
こっそり出てたの除けば、2010年6月以来なので、
出演4年ぶり。

地味に鍛え続けた、身体をお披露目と思いきや。
ぬはぁ!って役どころに、
むしろ、更にしぼるべきか。と


それから、演出補もいたします。
会場は関西テレビ放送の「なんでもアリーナ」
勉強させていただきやす!



-------------以下詳細です----------

笑撃武踊団

「戦國白蛇伝~恋衣~」

http://syogeki.com/hakujaden.html

hakujaden01.jpg
hakujaden04.jpg
hakujaden03.jpg



自分で言うのも何ですが、僕が俳優で参加する
…貴重な公演です!!ぜひお越しください!!
公演情報
▼劇団ZTON
2015年
【脚本・演出】
劇団ZTON1967
『狂犬』
1月20日(火)
@インディペンデントシアター2nd

【脚本・演出】
劇団ZTON vol.11
『オルタソフィア
  -憂国の革命因子-
3月12日(木)〜14日(土)
@京都府立文化芸術会館

▼電子書籍
Amazon[kindle版]
「天狼ノ星」<天の章>¥472
「天狼ノ星」<地の章>¥472
「王の血脈」
¥472
twitter
プロフィール

河瀬仁誌

Author:河瀬仁誌
京都・大阪を中心に活動する劇団ZTONの代表。脚本家・演出家・俳優。

演劇講師や演劇を使ったコミュニケーションワークショップも展開中。

メディアミックスの舞台興行をやりたい。
アニメ・ゲームも作りたい。
神山健治監督が好き。

検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。