スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

twitterの続き

駄文をtwitterに書いていたら、

続きを書きたくなってしまって。

何度もtwitterに出るのうざいと思うので纏めちゃおうと
思った次第であーる。




僕は文学部地理学科出身で、
地理学の研究対象は「地球上に存在するすべての事象」なんだけど、
演劇は「この宇宙に存在するすべての事象」を研究し表現することができる。
…いつか無重力演劇をやりたいものだ。


何を隠そう、僕は地理学科の卒業論文を
「機動戦士ガンダムにおける各スペースコロニーの産業と背景」的なことをやろうとして失敗したのだ。
宇宙地理学など存在しないと…!
そして、大人しく歴史地理学を、平安京の立地とその都市計画のお勉強をした。

③NEW!!
歴史地理学は文献もさることながら、文献を書いた人物の生い立ち、官位、人間関係を
鑑みて検証する。大変面白かったがこれはもはや研究者の主観がおおいに関係する。
これはもう論文を書こうが、脚本を書こうが変わらない。
そう思って僕は大学を辞めた。

④NEW!!
…嘘だ。歴史地理学がつまらなかったわけではない。
地理学科の他の授業の単位が全くとれなかったのだ!
否!授業に出る気にならなかった!
製図実習や測量やバナナプランテーションのあれこれ。
一言で言うと興味がなかった。
地理学に興味がなかった。
全く興味がなかった。

⑤NEW!!
では、なぜ地理学を専攻したのか?
結論から言えば、高校に指定校推薦が来ていたからだ。
受験したくないない病にかかっていた僕は、
そこそこの学校で一番マイナーな学科を選択した。
そう、それが立命館大学文学部地理学科だった。

⑥NEW!!
もともとは歴史学科に行きたかった。
それも関東圏の。受験したくないない病が重症だったのだ。
京都で地理。東京で歴史。
ほんと、どこでこなってしまったのか。
東京で演劇をしていれば商業とかも転がっててるし、
もうちょっとチャンスも多かったのではないか。…とか考える。
しかし、後悔はしていない。ポジティブシンキング。
だって試されるのって、めんどくさいじゃん。


⑦NEW!!
そんなグータラな人間が人を試す側に回るとは因果なものである。
案外、グータラな人間こそ人の本質を見分ける目を磨くものではないだろうか?
自分が動かなくても済むように。
だんだん、文章を書くのが面倒になってきたので、
森見登美彦文体に変化してきた。

⑧NEW!!
新人公演参加組の顔ぶれがあまりにも若いので、
ちょっと昔のことを書きたくなってしまった。
高校生とはさすがに飲みにいけないでしょう!
そんな感じで新人公演04「王の血脈」もうすぐチケット売り切れます。
ありがとうーございます。



ほら、ブログにうつってよかった。
駄文、駄文。
何ヶ月かぶりの更新が駄文。
スポンサーサイト
公演情報
▼劇団ZTON
2015年
【脚本・演出】
劇団ZTON1967
『狂犬』
1月20日(火)
@インディペンデントシアター2nd

【脚本・演出】
劇団ZTON vol.11
『オルタソフィア
  -憂国の革命因子-
3月12日(木)〜14日(土)
@京都府立文化芸術会館

▼電子書籍
Amazon[kindle版]
「天狼ノ星」<天の章>¥472
「天狼ノ星」<地の章>¥472
「王の血脈」
¥472
twitter
プロフィール

河瀬仁誌

Author:河瀬仁誌
京都・大阪を中心に活動する劇団ZTONの代表。脚本家・演出家・俳優。

演劇講師や演劇を使ったコミュニケーションワークショップも展開中。

メディアミックスの舞台興行をやりたい。
アニメ・ゲームも作りたい。
神山健治監督が好き。

検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。